左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
真のプロ野球を望む
いつもと違うものを見ると、いつも見ているもののアラがより鮮明になるというんですかね…

先日、友人のA部と船橋市民球場に高校野球を見に行ってきたんですが、常に全力プレーの高校球児を目の当たりにすると、普段思っていた「プロ野球の嫌いなところ」が浮き彫りになってくるんです。というか俺自身が高校球児だったんで、とっくに浮き彫りにはなっているんですが。
やっぱり俺の野球の基準はプロ野球ではなく、高校野球なんです。
俺がプロのプレーで一番嫌うのは、凡打の際に全力疾走をしない打者と振り逃げで走らない打者。手抜きもいいところです。「セーフになるかもしれない僅かな可能性」を自ら放棄する理由が全く以って理解不能です。給料を貰って仕事して野球をやっているのだから、まさに職務怠慢。

よく「気のないプレーには罰金」などという話を聞きますが、全力疾走を怠ることと振り逃げを放棄することは罰金の対象にはならないのでしょうか?特に後者に関しては「空振り三振(で振り逃げの場面)しても走らない」ことが当然のような風潮になっています。むしろ三振したことよりも走らないことの方が考え物です。
「三振しても堂々とベンチに帰る」ですって?里崎さん、あなた堂々とベンチに帰る前にやることがあるでしょう。それとも何ですか、「堂々と振り逃げを放棄する」ということなんでしょうか?

「高校野球では当たり前」という意味では、アピールプレー。俺が現役でサードを守っていた時には、タッチアップの時は必ずアピールプレーをしていました。そういう教えでしたし。むしろ当たり前のプレーです。
先日の巨人・小関によるベース踏み忘れ事件に至っては、何故か一部のファンが「今江はセコい」という流れを作っていました。更には翌週のヤクルト戦で同じく今江がアピールプレーをすると、ライトスタンドのヤクルトファンからは大ブーイング。意味がわかりません。
そもそも「今江のファインプレー」という意見も俺にしてみれば的が外れています。今江本人も言っているように「当たり前のプレー」であって、あのプレーを批判する方も賞賛する方も俺にしてみれば「?」です。

「速い球を投げる」「特大ホームランを打つ」「華麗な守備で魅せる」という「表のプレー」ばかりがプロでは目立ちますが、プロもアマもやっていることはひとつの「野球」という同じスポーツ。それなのにプロだけが「別の野球」をやっているように見えますし、ファンも「別の野球」が野球の中心になっているように見受けられます。


アマ野球では「当たり前のプレー」がプロでは「ファインプレー」や「やらなくていいプレー」になっている現実。何か根底がズレてません?


※もちろんアマと同じようにプレーしている選手も大勢いることは承知しています。
コメント
この記事へのコメント
たとえば、ファインプレーの定義もそう。

本来ならば、同じ打球でも、一歩目を早く余裕を持って追いついて打球処理する方が、ダイビングキャッチするよりも賞賛されるべきです。

ただ、普通の人なら絶対獲れないゾーンの打球を本当にダイビングしてキャッチするプレーもあるわけで、問題は、双方のダイビングキャッチのプレーの「質」の違いが分かりづらい、言い換えれば、見かけ上あまり違いがないことです。

プロというのは「見せる」職業でもあるわけで、華麗に見えればそれでいいという面もあるでしょうが、ワタシは、プロの「見せる」技術というのは、常人ではマネのできないことを平気な顔してやってのけてしまうということだと思います。そう考えると、当たり前のこと(実際やってみるとスゲー難しいこと)を、当たり前のようにやるというのが、真のプロフェッショナルなんじゃないかと。

三振して、捕手がボールをこぼしてるのに一塁に走ろうともしないなんてのは、論外ですよ論外。
2006/07/12(水) 14:01:28 | URL | wall #6/PrHVm2[ 編集]
>wallさん
どうも。

>当たり前のこと(実際やってみるとスゲー難しいこと)を、当たり前のようにやるというのが、真のプロフェッショナルなんじゃないかと。

まさに仰るとおり。
ただ、我々見る側もそれに気付いていない部分が多いですよね。
「魅せる」というのは華々しいプレーだけでなく、全てのプレーに於いて魅せなければプロではない。

まぁそんなことを以前から思っていたんで、殴り書き的なエントリーになってしまったわけです。
2006/07/12(水) 21:17:17 | URL | くっきー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。