左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「バット投げ」の考察
常日頃からプロのプレーには敬意を払っている俺ですが、納得できないプレーもあるのは事実なわけで。

「自分がやりたくてもできないレベルのプレー」を見せるのがプロの真髄。でも「自分はできないレベルだけど、やりたくないプレー」というのもあるんですね。

今日のお題は通称「バット投げ」。
バッターが打ちにいったら手からバットが離れて、内野にバットがすっ飛んでいくアレです。ピッチャーや内野が「危ねー…」という顔をしながらバットを拾い、ランナーコーチャーが「スマンスマン」という顔をしながらバットを受け取り、バッターにバットを渡すアレです。
バット投げの代表格というと、やはり里崎でしょうか。先日守備妨害でアウトになった今江もちょくちょくやりますね。

で、このバット投げ。俺は非常に嫌いなプレーです。
ちなみに打つ時(もしくはインパクトの瞬間)にバットを手から離すというのは、非常に難しいプレーです。というかそういう意識や習慣がないので、「やれ」と言われてもなかなかできるものではありません。

一言で「バット投げ」といっても、「無意識のバット投げ」と「意識的なバット投げ」があります。前者は単純に手が滑ったということですから、特に論述の必要はありません。

問題は後者です。結論からいえば、「バッティングの放棄」「ピッチャーに屈した」としか俺には映りません。「厳しいコースに来た」「タイミングを外された」というバッテリーの攻めに屈し、その攻めに対するバッティングを最後まで行わなかった(行えなかった)という構図が見えます。

最後までボールを見て、体勢を崩されてもバットに当てるという意識があれば、身体はそう動くものです。俺が言えたレベルではありませんが、どんなにバットに当てようとしても、俺はバットを手から離したことは一度もありません。という手からバットを離すということは、そこでバッティングが終了してしまうからです。
バットのグリップを握っている間は、バットも身体の一部。どんなに体勢が崩されようとも、左手一本でもバットを握っていればバットは身体の一部であり、バッティングは継続します。やはりプロならば「自分の身体で」ボールを捕らえてほしいものです。

例え無意識であろうと、バットを手から離してボールに当てる(カットする)というプレーは、ある意味では「ボールに食らいつく意識」といえるかもしれません。ただそれは、子供が頭上に飛んだ打球に対してグローブを投げてボールを落とそうとすることと同じ。技術的には非常に高度ですが、それは俺が見たい「技術」ではありません。むしろ無意識の方が問題だとは思いますけど。

そういう意味では、福浦のカット技術はプロ中のプロの技。まぁ彼もちょくちょくバットを投げていましたけど。以前から言っていることですが、福浦の最大の魅力はそのカット技術だと思っています。

意識的にカットをするというのは、見ているよりも相当難しい技術です。バットを投げてカットとなれば、更に難しい。ただそれは「必要のない難しい技術」であり、更には「バッティング技術の低下を招く難しい技術」であるとも思っています。


今やマリーンズの中軸にまで育った里崎。積極的且つ淡白な打撃が売りの彼ですが、バッティングを途中で放棄するほどの淡白さは潔すぎます。カット技術を磨いてほしいとは思いませんが、最後の最後まで「プロの技」を見せて欲しいと思います。


ちなみに「バット投げ」といっても、インパクトの瞬間はちゃんと握ってますよ。正確にはインパクト直後にリストを返さずに手から離すということです。バッティングセンターで真似しないように。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。