左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バッティングセンター遠征記in長野
えーと、久しぶりのバッティングセンターレポです。
今回は長野まで遠征しまして、koma2さんと一緒に2店で打ってきました。いやぁ、澄んだ空気の下で打つバッセンもいいものです。
まず1店目はスカイバッティングセンター。大通りに面した、外観の綺麗なバッセンです。

20060625225323.jpg
記念すべき長野デビュー!

20060625225344.jpg
店内はこんな感じ。スロットコーナーもあり、ゲームブースは割と充実。

打席は6ブース、球速は85~120km/h。マシンに映像はありません。1ゲーム300円で23球、1000円で4ゲームプレイできます(単価10.8円)。うーん、屋外の映像なしでこの値段は正直高いですね。しかもホームラン賞のボードにブチ当てたのに、何の反応もなし!完璧に芯で捕らえた打球がホームランボードにボヨ~ンと跳ね返っただけですよ。もうプンスカ状態です。
110km/hと120km/hを2回ずつこなしてきましたが、120km/hが物凄く遅いんですよ。というか隣の110km/hとほとんど同じ体感球速。ちょっと不満を抱きつつ、帰り際に出口で発見↓

20060625225356.jpg
日替わり球速ってあんた。ブースには120km/hって書いてあるぞ。で、今日は何km/hだったんでしょう…


気を取り直して、続け様にバッティングスタジアムコムへハシゴ。スカイバッティングセンターから直線距離で750m、車で5分もかからずに2店のバッセンをハシゴできるなんて、長野って本当にステキですね。

こちらもスカイ~と同じく1ゲーム23球で300円、1000円で4ゲームプレイできます。やはり屋外。ただ、こちらは映像マシン付き。しかもジョニー、ミンチー(!)、杉内、和田、斉藤和巳と何故かマリーンズとホークスで固められています。意味がわかりません。
打席は9ブース(内1ブースはストラックアウト)と充実、その内5ブースが上記のピッチャーの映像付きマシンです。85~140km/hと幅も広く、それなりのコストパフォーマンスかと。ただ、映像が明るくてちょっと眩しいのが残念。

20060625225410.jpg
ハシゴハシゴ。

20060625225432.jpg
店内はこんな感じ。お客さんがほとんどいなく、寂しい。

20060625225443.jpg
20060625225455.jpg
ミンチーが70km/hってのは何か納得。

ジョニーと斉藤和巳(120km/h)を1打席ずつ、和田(140km/h)を2打席こなしたんですが…
ジョニーの打席での5球目くらいかな?球がふんわりとしたワンバウンドになっちゃいまして。そこからずーっとふんわりワンバウンド。結局マシンの故障だったんですが、何かルーズショルダー再発っぽくて笑えませんでしたねー。
140km/hは恐らく実質120km/h弱くらいかと。距離で稼いでます。それより斉藤の120km/hが手ごわかったですね。何せリリースのタイミングがバラバラ。映像のリリースポイントより球が早く来たり遅く来たり。ある意味結構リアルです。
というか和田と斉藤の球速、普通逆だよな…

あと、バットの無料貸し出しをしているんですよ。ビヨンドマックスなど、ショップで買えば1万円オーバーするようなバットがズラリ。残念ながら帰る時に気付いたんで、使用しませんでした。

20060625225505.jpg
この品揃えは驚きです。ビヨンドマックス未体験の人はぜひ!驚きの飛距離ですよ。


で、両店とも同じ料金で同じ営業時間、しかも入店後いきなり1ゲーム無料券をくれました。「やっぱり距離も近いし、かなり競ってるんだなぁ」なんて思ってたら、同じ会社が経営してるんですね。帰宅してから気付きました。

まぁ何はともあれ、千葉・東京以外の初遠征がいきなり長野ですよ。そういった意味では満足ですね。というか違う目的(次のエントリー)で長野に来たんですが…
コメント
この記事へのコメント
来年、和田にリベンジするんですよね(・∀・)ニヤニヤ
無料券も貰ったしね(・∀・)ニヤニヤ
2006/06/26(月) 00:14:42 | URL | koma2 #-[ 編集]
>koma2さん
うむ、イケメンにねじ伏せられるのは腹が立ちますからね。無料券の有効期限がないみたいなんで、リベンジリベンジ(・∀・)
2006/06/26(月) 00:34:39 | URL | くっきー #-[ 編集]
バット貸し出しいいですね。
ほとんどのバッセンでは、凹んでたり、小学生用だったりしますからね。
ビヨンドMAXイイナー
2006/06/26(月) 00:47:55 | URL | jun #-[ 編集]
何気なく見覚えのある顔が写っている気がするのは私だけでしょうかw
2006/06/26(月) 01:28:01 | URL | wall #6/PrHVm2[ 編集]
いいなあ ミンチーと対決したいw
2006/06/26(月) 15:25:23 | URL | ひぐち #-[ 編集]
>junさん
打席に置いてある通常のバットも、そこそこ種類はありましたね。一番長いので85cmあったんじゃないかな…

>wallさん
たぶん気のせいだと思いますよ。
えぇ、気のせいですよ。

>ひぐちさん
今回はミンチーとの対決は実現しませんでした。次回は必ず対決してきますよ。
ちなみに斉藤和巳の2段モーションは慣れるまではすげえ打ちづらい。
2006/06/26(月) 23:54:08 | URL | くっきー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。