左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何かが起こるピッチャーゴロ
5回に1回はミスが出るものですね。もっとですかね?

ピッチャーゴロのセカンドゲッツー。


ニッカン式スコア
8回裏、0死1塁。
今江の打球は見事なトスバッティングの如く横浜・三浦のグローブにワンバウンドで収まり、格好のゲッツーチャンスでした。が、2塁ベース上で同時にカバーに入った内川と石井琢郎が交錯、石井琢が落球してゲッツーどころか0死
1,2塁となったという場面でした。

恐らく皆さんも感じていることでしょう。「他のゲッツーよりもミスが出やすい」ことを。
まぁ一番多いのがピッチャーの送球ミスですね。大抵横にズレてセカンドカバーの野手が捕れずにセンターへ抜けるか、捕れてもベースから足が離れるか。本当によく見る場面です。小林雅英さんとか。

俺自身はピッチャーゴロでゲッツーの経験がないんで何とも言えませんが、やはり真後ろに回転して投げることがミスの出所なんですかね。同じ回転でもセカンドへの牽制とはまた違うんですよね。あぁ、マウンドの傾斜の上でのプレーというのもありますかね。
あとは心理的なものかと。何故か腕が振れなくなってしまうというか。「ちゃんとベース上に投げなくちゃ」という心理が無意識のうちに腕の振りと体の動きを制御してしまうんだろうと思います。ピッチャーゴロで1塁へ暴投(大抵はショートバウンド)、なんていうのもたまに見ますね。
 

まぁ今日のプレーは二遊間のミスですけどね。大抵は「ピッチャーゴロや盗塁はどっちがカバーに入る」というのは決めている(もしくは事前に確認している)んですが、恐らく真正面のゴロだったので思わず両者がカバーに入ってしまったのでしょう。打球が1m横にズレていればこういったプレーはなかったと思います。


まぁ「ピッチャーゴロには魔物が住んでいる」とでも言うんでしょうか。
ですからピッチャーゴロでも見る方もプレーする方も諦めちゃいけませんよ。何かが起こる確率が十分あるんです。



大松、どんな守備をしても俺は期待し続けるぞ(打撃に)。とりあえず背走の練習から頑張れ。いや、むしろファンタジーはファンタジーのままでもいいのかもしれんけど。

【ロッテ】大松が40分間の居残り特守(ニッカン)
コメント
この記事へのコメント
私はピッチャーの送球ミスについて2つあると思っていますよ。

一つは、いつもボールの握りを確かめながら投げているピッチャーは、グラブに収まった球を、握りの確認をする間もなく投げなければならないことに、内野手とは違ってやはりどこか違和感というか、本質的に慣れてないのでしょう。

もう一つは、全力投球です。ゲッツー狙って2塁へ全力の送球ならともかく、ピーゴロ1塁送球も、抜いて投げるときによく暴投しますよね。敬遠四球暴投にも通じると思うけど、普段思い切り投げているピッチャーは、加減して投げることに、やはり本質的に慣れてないと思います。

ピッチャーも守備練習を気ぃ抜かずにやらなきゃいけないし、送球に余裕があるときは(握りが確認できるときは)常に全力で投げろってことだと思います。

どうかなこれ?
2006/06/14(水) 00:53:29 | URL | wall #6/PrHVm2[ 編集]
>wallさん
どうも。
そうですね、仰るとおりだと思います。
特に前者に関して言えば、「捕ってからすぐ投げる」という動作に慣れていないということ。
更に言い換えれば、「捕る準備及び捕って投げる準備(構える、重心を落とす、心の準備等)」ができていないということ。
これは体全体を動かす投球という動作の直後のため、なかなか準備段階に持っていくのは難しいんですよね。

「ピッチャーは9番目の野手」と言われますが、バッターから一番近く、打球も一番強いポジションですから、本来は上記の「準備」が最も必要なポジション。
練習時から、というのはまさにそのとおりです。ピッチャーのノックって、投球の真似(ゆるーいシャドウみたいな)をしてから受けるんですが、もっときっちりと投げ切ったフォーム後に受けるべき。あれでは既に準備ができた状態でのノックのため、実戦では役に立ちません。

まぁこの話をすると投球フォーム(特に投げ終わり時)にまで及んでしまいますんで、この辺にしましょうw
2006/06/14(水) 08:21:13 | URL | くっきー@携帯 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。