左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
習志野市民の誇り “習志野高-ロッテ”の系譜
マリーンの風 挫折乗り越え才能開花(朝日新聞)

まぁ俺の大好きな福浦の記事です。
彼が2軍時代に努力と苦労を重ねてきたことは周知の事実ですね。
福浦のこの手の記事やインタビューを見ると、必ず思い出す選手がいます。


花島寛己。

91年のドラフト4位で習志野高からロッテに入団。そう、福浦の2つ先輩なんですね。
当時小学校6年だった俺の記憶では、習志野市内は花島の話題で大盛り上がりを見せていたような気がします。確か「広報ならしの」でしたか、彼の特集が組まれていて「習志野高ではあまりの練習のキツさに何度もトレーニングルームに逃げ込んだ」というような話が載っていました。子供ながらに思ったのは、「この花島という選手は、辛い練習を乗り越えてプロになるなんて凄い人だなぁ」というのと「習志野高校の練習は地獄なんだなぁ」でしたっけ。

たぶん福浦と同じように、当時の花島を知る人は「あの練習についていけずに泣いていた選手が、まさかこんなになるとは…」と思ったことでしょう。

正直な話、俺は花島のプレーを見た記憶もないし、顔も知りません。どんな選手だったのかも知りません。彼は1軍に上がることなく、そしてほとんどの人の記憶に残ることなく95年に引退をしています。

それでも福浦には花島がダブるんです。今やトップクラスのバッターに成長した福浦と、芽が出ずに静かに引退した花島。まるで違う道を辿っている2人ですが、「習志野高-ロッテ」の系譜と「地獄を乗り越えた」2人には少なからず共通点があるんだろうと思います。


かつて1年生だった頃に見上げていた3年生の花島。当時の習志野高は、先輩に対しては「はい」「いいえ」しか話すことが出来ず、朝夕に同じ電車に乗ることすら許されませんでした(習志野高野球部の友人談)。恐らく花島と福浦はほとんど接触することなく高校時代を終えたのだろうと推測します。


その後の花島の動向は知りませんが、今シーズン終了後に福浦が「はい」「いいえ」の会話ではなく、こう報告できたらいいですよね。


「花島さん、2連覇と首位打者を獲りました。」…と。

コメント
この記事へのコメント
花島くんの名前を見るとはw
津田沼駅で偶然会って、共通の友達と一緒だったので挨拶をしたことがありますw
「後輩もロッテに入ったから応援よろしく」って言われたんですが、それが福浦だったのが感慨深いですねー。
2006/06/06(火) 15:37:06 | URL | ひぐち #-[ 編集]
>ひぐちさん
おぉ、貴重な体験を…
たぶん福浦にとってはいつまでも「花島先輩」であるはず。
どこかで福浦の活躍を見守っていて欲しいですよね。
2006/06/06(火) 21:08:49 | URL | くっきー #-[ 編集]
福浦の活躍はすごいよね。妻と子供連れてよくマリンに応援行くよ。奥さんも元気かな?赤塚さんだっけか。あいつ一途だから浮気しなそうだしな。しかしはげたね。おれまだフサフサだぜ。
2007/06/14(木) 19:50:12 | URL | 同期部員 #mQop/nM.[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/02/04(月) 00:49:53 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。