左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
見事なゲッツーの裏にある寂しい現実
やっぱり偏屈なんですよ。今日改めて自分のことをそう思いました。
直行の完封、4回裏の目を疑うようなウッズのエラー、そして8連勝に単独首位。

どれも違います。
テレビ観戦中もずーっと頭から離れなかったプレー。
それは6回表、1死1塁の場面。

ニッカン式スコア
福留を四球で出し、続く4番のウッズが放った三遊間への痛烈なゴロを西岡が逆シングルで捕球し、素早い反転から2塁へ送球。根元から福浦へ転送されて見事なゲッツーが完成したわけです。

俺が注目したのは西岡の好守備ではなく、セカンド・根元の1塁への転送の流れ。いや、正直特筆すべきプレーではないんですけどね。
サードゴロもしくはショートゴロのセカンドゲッツーの際、セカンドがサードもしくはショートからの送球を捕球して1塁に送球するという動き。これ、人間の身体には相当な負担をかけます。

セカンドゲッツーの際、セカンドの2塁ベースカバーへの入り方というのは何種類かあるんですね。送球をベースより前で(伸びるように)捕って反転して送球、ベース上をまたぐように捕ってノーステップスロー、捕球しながらベースを押し出すように後ろに下がって送球。1番目のはサードゴロや三遊間のゴロ、2番目のは2塁ベースに近いショートゴロ、3番目はほとんど見ない、といったところですが。

で、身体に負担がかかるというのは1番目の動き。前に出るという動きから急激に90度以上体を回転させる動きをするわけです。もちろん肩や肘にも負担が大きいのです。まぁこのプレー自体はそんなに難しいものではなく、プロの場合はこの動きが素晴らしく速い、という程度なんですけど。


えーと、要はですね、「あのプレーはセカンドが堀だったならゲッツーは取れなかったんだろうな」と思ってしまったんですよ。

全く同じ感想を抱いた場面として、去年のプレーオフ第1ステージ第1戦の9回裏、1死1塁からのゲッツーが挙げられます。あの時も三遊間のゴロを小坂がありえない動きで2塁へ送球、堀に代わってセカンドに入った西岡が素早い反転と肩の強さで1塁へ転送し、ゲッツーで先勝した(福浦の捕球時のガッツポーズが印象的)場面です。
恐らくあのゲッツーも堀では成立しなかったでしょう。


ここ1週間程ロクに試合を見れなかったのですが、その間に根元が起用され始めています(その前は塀内、更には早坂でしたが)。若手の台頭に隠れるように、堀の出番は少なくなっていく。いや、この選手起用は正しいと思います。ただ、俺は特に堀のファンというわけではありませんが、先日のバックトスも含めて彼のプレーが大好きでして。

多くのロッテファンの方は西岡の、早坂の、正人の、そして根元の守備を見て「今のは小坂だったら…」と思ったことがあるはずです。同じように、俺も三遊間のセカンドゲッツーを見ると「今のは幸一だったら…」と思ってしまうのです。逆の意味で。

カバー出来る衰えと、カバー出来ない衰え。殊更守備に関しては後者の方が圧倒的に多いわけで。勝ち試合の終盤に守備固めで交代したり。この寂しい現実は堀自身が一番感じていることだと思います。
ただ、俺はこの寂しい現実を感じる度に「いや、まだまだ行けるだろ」と思うのも事実。


俺は見たい。
堀幸一の2,000本安打を…
コメント
この記事へのコメント
初めまして
いつも楽しく拝見させていただいております。鋭い経験者ならではの見方、とても参考になります。私は堀選手を熱愛しており、ずっと見てきました(と言ってもマリンに来てからですが)彼の時々ファインプレーと時々大ポカの守備が大好きです。南淵との2遊間なんかはこさっちに比べ守備範囲の差が少なくてほっとしてました(単に優劣として)でも、あの年で内野、ましてやセカンドが出来るのですからまだまだ期待したいところです。そしてボビーの時代に是非2000本を。恩を返す意味もありますが彼以外では試合に出れるか分かりませんので。
2006/05/21(日) 01:27:53 | URL | たい #cLn.jjQU[ 編集]
>たいさん
大変恐縮なコメントありがとうございます。
ここ数年、試合前のシートノックすら満足に動けていないような場面を見かける一方、
仰るとおりあの歳でセカンドを守っているのはすごいことですよね。
37歳ともなれば、代打専門の年齢でもおかしくないのに。

若手が台頭していく度に、逆に彼の存在感が大きくなっていくような気がします。まだまだ期待しましょう。
2006/05/21(日) 16:20:40 | URL | くっきー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。