左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パ・リーグが誇る2人の天才日本人打者
カブレラが豪快なホームランを打つ度に思う。彼の凄さは何なんだろうかと――

あのパワーよりも、ボールを捕らえる能力。あのパワーに隠れた綺麗なバットスイング。注目すべき点はそちらなのではないか、といつも思う。

俺自身はホームランなど現役時代は雀の涙ほどしか打っていないですが、常々思っているのは「ホームランに必要なのはパワーではなく、タイミングとインパクトのポイント」。カブレラは異常な程のパワーを持っていますが、彼のフルスイングをしながらボールを完璧に捕らえる能力は物凄いレベルだと思います。

「ホームランは技術である」

まぁその考え方は別にしても、なかなか面白い本があったのでこのエントリーを書いてみました。
『頭脳のスタジアム 一球一球に意思が宿る』

松中信彦
「例えば、これまでライト側のファールになっていた打球を、ポールすれすれにスタンドに運びたいと考えた場合、回転のまっすぐなボールがピッチャーから来たら、スライスする逆回転をかけて打つとか。インコースは基本的にバットの芯には当てず、詰まらせる。芯に当てると飛んでいっちゃいますからね。うまく押し込んだり、フェードを打つことを考えます。」

和田一浩
「これまでは、カブレラと同じように僕も「力があるから打てる」と思われていたみたいですよ。でも最近は、若い選手に感覚的な話も質問されるようになりました。(中略)
右打者ならレフト側に打つというのは簡単にできるんですよ。だから、たとえホームランであっても、レフト側に飛んでいった場合は、「あ、ヤバイな」と思って調整をし直します。(中略)常に後ろを意識して打っていればズレることはないし、アベレージも一定する。」


「天才」と称されるプロ野球選手は何人かいますが、この2人は紛れもなく天才でしょう。俺の言う天才とは「他人には出来ない、唯一無比の技術の持ち主」。彼らの打撃技術、特に内角球の対応力に関して言えば間違いなく天才。それぞれ考え方・理論は違えど、とても真似できるレベルのものではありません。

「ホームランバッター」「長距離打者」「パワーヒッター」
こう称されることもある彼らですが、根底にあるのは徹底した技術の追求と遥か上に存在する打撃理論。もちろん彼らはタイミングやポイントがズレてもスタンドまで運べるパワーがあるのは事実ですが、あくまで補助的役割。

「野球の華」と言われるホームランですが、その美しい打球の軌道よりも、そこに隠された打撃理論と卓越した技術こそが「華」なのでは、と思わせる本ですね。


ちなみに和田のスイングスピードは、松井秀喜、イチロー、松中、城島のそれよりも速いそうです。誇張なしに、彼は日本の打撃理論を変える技術を持っていると本気で思っています。


あ、直行に大量援護がついて何よりです。
コメント
この記事へのコメント
この本、おもしろそう

和田の右中間方向のHRの伸びはすごいよな
低い弾道なのに落ちてこないよねぇ…
2006/04/19(水) 23:58:30 | URL | koma2 #-[ 編集]
>koma2さん
オススメですよ。1日で読み切った。
選手のインタビューを中心に構成されているので、「こんなことを考えていたのか」ということがわかって面白い。
2006/04/20(木) 00:22:04 | URL | くっきー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。