左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
青野毅、今光り輝く
コースケの好投、大松の満塁弾、得意の中継ぎ陣タコ殴り…
久しぶりのドンチャン騒ぎの内容だったインボイス。

ニッカン式スコア

が、俺的には圧倒的に「青野デー」だったわけです。
のっけから度肝を抜かれました。「青野毅」の名前を強烈に印象付けた1回の1打席目(Yahoo!一球速報)。3球目の外角高めのスライダーを引っ張り、あわやホームランというレフトフェンスギリギリのフライ。
「外角高めをレフトにホームラン」というと、俺は真っ先に広島時代の江藤が思い浮かぶんですが、今日からその称号は青野のものでしょう。浦和の開幕戦で3発放った時も、2本目が同じ形(ストレート)でした。大得意なコースなんでしょう。

正直なところ「外角高めをレフトに引っ張る」というのは、決して褒められたことではないというのが俺の考えです。というか振り遅れ気味でバットに乗せると、打球がライト線に物凄い伸びるんですね。よくあるでしょ、外角高めのストレートに当てただけのような打球がライトスタンド最前列に入っちゃうって場面。「え?あれ入っちゃうの?」という雰囲気。飛ぶんですよ、あのコースとあの打球方向は。

ただ、プロの世界では常識や基本では語れない技術や選手がたくさんいます。外角高めを引っ張ってスタンドインさせるという「技術」。腕がよく伸びた状態でのインパクト、そして強力な手首の返し。まぁ青野が意識して引っ張ってるのかは知りませんが、容易な技術ではないということです。


もうひとつ唸ったのは9回表。
先頭打者の大松が四球を選び、青野がエンドランをライト前に決めて0死1,3塁。ここで福浦がレフト線へフェンス5m手前まで運ぶ犠牲フライを打ちますが、この時1塁走者の青野はハーフウェイから素早く戻り、2塁へのタッチアップを決めています。この走塁は素晴らしかった。緊張感のある走塁と言うべきか。1軍経験のほとんどない選手のこの走塁、チームは絶対に見逃してはいけない。

まぁ偏屈エントリーという視点で見れば、あの場面でバックホームをしたレフトの和田と、バックホームのカットポジションに入った中島の判断がイカンのですけどね。3塁ランナーがテレンコならまだしも、誰がどう見たって犠牲フライになる打球方向、飛距離です。あそこで2塁に返球しても青野はセーフだったと思いますが、ああいうのは目に付きますね。結果としては大した影響にはなりませんでしたが、ハッキリ言って凡ミス。西武野球らしくないです。


あとは竹原ですか。早く上で見たいものです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
昨日は松坂の前に5安打13三振と、なんともお粗末なマリーンズ。ファンのイラつきもピークという感じで、当然、自棄酒の勢いも増すばかり。「イイ加減にせぇや、ボケェ!!」などと思っていたら、ようやくクソボケの元凶、役立たずパスクチの登録抹消(ま、早坂に関しては....
2006/04/16(日) 11:38:49 | 道楽主義宣言
インボイスドームの入り口の横にある桜が満開でした。さすが山奥だ。何から書いていいのかよく分からないんだが、とりあえずスタメン発表の時点で腰が抜けそうだった。大松と青野の一軍登録はともかく、即スタメンしかも一・二番って何の冗談かと(笑)もちろんものすごく嬉
2006/04/16(日) 12:42:24 | ウダウダ日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。