左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
盗塁阻止は肩が全てではない
納得いかないことがありまして。相変わらずの偏屈エントリーなんですが。

「盗塁の技術は足の速さではない」

熱心に野球を見てる人や経験者ならよくお分かりかと思います。これ、言い換えれば「身体能力はひとつの要因に過ぎない」ということ。そうでないと「野球」があまりにつまらないですからね。

それがわかっているのに、何故なんだろうか。何故キャッチャーが盗塁を刺すと「強肩」の一言で済ますのか。それをプロの解説者が発言するのだから尚更納得がいかない。
肩が強ければ盗塁を刺せるのでしょうか?遠投90メートルのキャッチャーより、遠投120メートルのキャッチャーの方が盗塁阻止率が高いのでしょうか?

盗塁と一緒ですよ。足が速ければ必ずしも盗塁できるわけではないでしょう。もちろん足の速さは必要。でもそれが全てではない。スタート、投球フォームを盗む、リード、スライディング技術…
足が遅くたって盗塁は成功します。だから面白いんじゃないですか。
一言で「足が速い」と言っても、野球は「短い距離を速く走る」ことが要求されるわけで。もっと言うと、盗塁にはバッテリーの問題もあります。どんなに盗塁技術が優れていても、それをバッテリーが上回れば失敗するわけで。どう考えたって「足が速い」の一言では片付けらるはずがありません。

同じですよ、キャッチャーも。強肩強肩と言いますが、みんなプロの選手です。たかだか37メートル弱の距離をヨーイドンで投げれば、差なんてほとんど無いですよ。城島とかが160km/hの球を投げられるのならば別ですが。

俺が常々思っているのは、捕ってから投げるまでの速さ。そしてそれを支えるフットワーク、ステップ。これこそが最重要事項であると。大塚とマティみたいな。もちろん肩の強さは必要ですが。
ただ、肩の強さだけが速い送球をする要素ではありません。投げ方、つまり体の使い方次第で肩の強さはいとも簡単に死にます。シュート回転すれば、送球の軌道は曲がって余計な距離と時間が掛かります。キチンとした体の使い方をしなければ、最短距離での送球は行きません。

俺が言う「強肩キャッチャー」というのは、例えば構えたところから大きく外れた投球を無理な体勢で捕球し、無理な体勢で鬼のような送球をする変態キャッチャーのことです。文字通り「肩の強さだけ」で刺すことができるキャッチャー。

しかしそのケースは稀で、大抵は捕球から送球までの速さが重要になってきます。先日、西武・炭谷を絶賛したのも同じ理由です。ムダの無い、実に見事な動き。ちなみにフットワークという点では、ヤクルト・古田が素晴らしいですね。実に内野的な動きをする。よく参考にしたものです(参考にしただけで、当然モノにはできませんでしたが)。

もちろん投手の役割も大。というか盗塁を刺せるかは、半分以上は投手で決まるわけで。完璧に盗まれれば誰がキャッチャーでも無理です。


要はですね、これほど様々な要素があるのにも拘わらず「キャッチャーの強肩」の一言で片付けれるはずがないんですよ。それで片付けるのは余りにも寂しい。メジャーに移籍した城島が、キャンプで黙々と捕球→送球の基本練習を繰り返していたことは記憶に新しいでしょう。変態肩の城島が、ですよ。何かストップウォッチで捕球からセカンド到達までの時間を計ってましたよね。日本の評論家はあれを見ておきながら、試合の解説で「○○の肩は素晴らしいですねー」しか言わないのか。
身体能力の感想なら誰でも言えるっつーの。


以上、偏屈エントリーでした。



え?ルーキーに完封負け?いつものことじゃないですか。
昨夜見た夢の中で、青野が4番スタメンでホームランを打っていたことはナイショです。
コメント
この記事へのコメント
銀ちゃんの捕球ー送球の流れは美しかったですね。

野球素人の私には、毎回目から鱗です。今後も観戦の参考にさせていただきますです。
2006/04/07(金) 09:26:21 | URL | rat26 #-[ 編集]
>rat26さん
どうもです。
そんな大層なこと書いているわけじゃないですよw
ちょっと偉そうな内容になっちゃったのは反省。
まぁ野球の見方の幅が少しでも広がって頂ければ、と思って書いてます。
2006/04/07(金) 13:29:04 | URL | くっきー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。