左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別格の存在感
浦和でのイースタン開幕戦に行ってきまして。いきなり今年のベストバウト。

先発の直行、ヒット打たれたりとかカーブが高かったりとかありますが。
まぁ、本人がこう言ってるんだから問題ないんでしょう。
考えてみればアメリカから帰国して2日しか経ってない上に、自主トレから普段と違うボールとストライクゾーンで調整してたわけですからね。何となくブルペンでは指の引っ掛かりが強いのかな(特にスライダー)、と感じられたのはボールの違い故でしょうか。
ただ、ブルペンでの表情や言動からは不安は感じられなかったですよ、俺的には。
改めて無駄のない、理想的な投球フォームですね。芸術の域。「後ろを小さく、前を大きく」という最高のお手本です。


まぁ、今日は代田バウアーってことで。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
開幕戦から延長11回の4時間ゲームでした。しかも、11回に5点ずつ取りあうって……、何この馬鹿試合ふざけてるの?というか、読売は空気読み杉
2006/03/26(日) 06:08:04 | そろそろ「マリーンズが好きだ」とカミングアウトしようか
開幕戦はかなり前の段階からTV観戦のつもりだったので昨日の予定は空いていたのですよ。そして、今年の目標としてファームの試合も勉強するというのがありまして、きのう一軍と
2006/03/26(日) 12:20:30 | しゃちらノート
いきなりの馬鹿試合炸裂。この試合の結果は5対5ではない。繰り返す。この試合は教育リーグではない。
2006/03/26(日) 21:30:47 | 関東黒鴎組通信2-マリーンズ好き
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。