左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
変化球について考えてみた
以前から腑に落ちないことがひとつありました。

「チェンジアップを変化球にカテゴライズすること」

ちょうど今日(というか昨日)変化球について熱弁を振るったんですが、ちょっと冷静に考えてみたところ、俺なりの視点が見えてきたわけです。
まぁ保守派を自認する俺にしては随分飛躍した結論に至ったわけですが、たまにはこんなのもいいかなーなんて思ったりして。
そもそも「変化球」の定義から考えていく必要がありますね。
旺文社の「国語辞典」改訂新版には「野球の投手の投球、バレーボールのサーブなどで、球筋が打者やレシーバーの近くにきて急激に変化する球。」とあり、Wikipediaには、その詳しい内容が記述されています(シュートは捻りもしないし肘も痛めないっつってんだろ!)。

引っ張り出してきたリンク・引用が弱いことは置いといて(手抜きです、はい)、要約すると「球に様々な回転を与え(回転を無くし)、直球とは違う軌道を描く球種」と言えると思います。重要なのは「球筋の変化」で定義付けているという点。

ちょっと脱線して。
最近多くの投手が使用する縦に落ちるスライダー、いわゆる「縦スライダー」。ウチだとマサや宏之が代表的ですかね。
実は俺、「縦スライダー」というものに物凄い違和感を覚えているのです。「スライダーなのに縦ってどういうことよ?」と。伊藤智仁ばりにある程度横に近い変化とまではいかなくても、せめて斜めの変化ではないでしょうか。完全に縦の(落ちる)変化も「スライダー」なのか?「前にバックする」的な感覚ですよ。

話を戻して。
変化球を具体的にカテゴライズする際の手段として、2つ考えられるものがあります。ひとつは「握りで判断する」、もうひとつは「変化の軌道で判断する」。
「縦スライダー」を当てはめてみましょう。変化の軌道は、いわゆる通常のスライダーとは異なりますが、握りはスライダーなわけです。んー、納得いきませんね。
どうでしょう、この際スライダーの定義を広げるのではなく、「縦スライダー」を新たな変化球として認識する方が俺的には納得がいくんですが。いや、もはや「縦に落ちるスライダー」として市民権を得てますから、それは難しいということは分かってますけど。


えーと、冒頭の話に戻りましょう。
チェンジアップを変化球としてカテゴライズすること。上記に挙げた手段から見ると、握りも変化も様々です。その2つの観点からでは「変化球」としてはカテゴライズが難しいでしょう。というより、チェンジアップはその名の通り「打者のタイミングを外すこと」が目的なわけです。要は変化の軌道や度合いはさほど重要ではないということです。やっぱり「変化球」じゃないですね、チェンジアップって。

いやいや待て待て。冷静に考えるとそれもまた違うんですよ。
「変化球」と一言に言っても、2つの変化があるんですよね。「球の軌道の変化」と「タイミングの変化」の2つです。つまり上記に挙げた変化球の定義には「タイミング」が足りないわけです。ちなみに野村ノートには「変化球を投げる必要性とは、スピード不足とコントロール不足を補うためである。常時160キロの球を投げられるのであれば、何も変化球など投げる必要はない。またすばらしいコントロールの持ち主で、10球すべてを原点(外角低め)に正確に投げられるのであれば、まったくいらないとはいわないが、まあひとつぐらいそこそこの変化球を投げられれば十分だろう。ところがそんなコントロールをもっている投手は誰ひとりいない。」とあります。
要は「ストレートのバックアップ機能」を果たしているわけですね。一番速く(タイミング)、一番軌道が分かりやすい(球の軌道)ストレートがあってこその変化球なわけです。

「球の軌道もしくはタイミングを変化させる」のであれば、チェンジアップは間違いなく後者の意味で「変化球」でしょう。堂々とカテゴライズです。


一応俺の疑問は解決されたわけですが、この変化球の定義を発展させれば以下のことも言えるのではないでしょうか?


変化球の直後に投げるストレートは、それ自体が変化球


…まぁメビウスの輪みたいなもんですな( ´▽`)アハハ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。