左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
頑張れ地元
千葉日報の忙人寸語(コラム)2月10日分より転載。

---

▼オーストラリアから、鹿児島から、千葉ロッテマリーンズナインの順調な調整ぶりが連日、原稿や写真で送られてくる。けが人もほとんどなく、戦力の底上げに期待を寄せるバレンタイン監督の表情も明るい

▼そのバレンタイン監督が注目しているのが、入団三年目の内竜也、二年目の手嶌智の両投手や早坂圭介内野手(四年目)、大松尚逸、竹原直隆外野手(ともに二年目)の若手たち

▼その中でも今季、最もスポットライトを浴びてほしいのが、本県富津市生まれの手嶌投手だ。拓大紅陵高校出身の二十三歳。昨年、自由獲得枠で新日本石油から千葉ロッテに入団した

▼即戦力として臨んだルーキーイヤーの昨季は、日本ハム戦に先発し3イニングを投げただけで、一軍での登板はワンチャンスに終わった。同期の久保康友投手が10勝を挙げ新人王に輝いただけに手嶌投手も今季、良きライバルとして負けられないところだ

▼現在オーストラリアでキャンプを続けており、「順調に過ごせている。このままの調子でオープン戦で結果を出し、開幕一軍を目指したい。先発、中継ぎでもOK。プロ初勝利を挙げられるよう全力で頑張ります」と県民、ファンの皆さんに今季の活躍を約束

▼このほか本県出身、ゆかりの選手は福浦和也内野手(習志野高)や小宮山悟(芝浦工大柏高)、高木晃次(横芝敬愛高)、渡辺俊介(新日鉄君津)、浅間敬太(敬愛学園)投手がいるが、特に四年目を迎える浅間投手には一軍の扉をこじ開けてもらいたい。

---

ただ一言。

ファイト!ファイト!ちば!
ファイト!ファイト!浅間!
コメント
この記事へのコメント
「ファイト!ファイト!ちば!」

ついでに菜の花体操も踊るかな。

浅間っち。
今年咲かずにいつ咲くのだ!
2006/02/26(日) 21:35:02 | URL | sedona #qTlQTaRY[ 編集]
>sedonaさん
コースケがいつまで経ってもしょっぱいんで、早く浅間に出てきてもらわないと困りますよねー。

関係ないですが、以前俺が115km/hを記録した千葉北バッティングセンターにヤクルト・五十嵐のサインが飾ってあります。
地元の敬愛学園出身ということからなんでしょうが、後輩の浅間のサインは見当たらず…

浅間!キミを待ってるぞ!
2006/02/27(月) 21:50:14 | URL | くっきー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。