左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
狂った羅針盤
それまで弱者だったものが、ある時期を境に強者と言われるようになると、必ずと言っていいほどほころびが出る。弱者と言われた時間が長いほど、そして強者と言われるようになるのが急激であるほど、その傾向は強い。
ルーキーイヤーに華々しい活躍をして、いつの間にか消えていった選手が何人いただろう。

たった1回の成功によって全てが上手く行くと思っているのなら、それは大きな間違いだろう。その成功はあくまで「たった1回」の成功であり、全てが連鎖しているわけではない。調子に乗ったら終わる。「俄か強者の迷走」というのは、得てしてそういうものだろうと思う。結局は、真の強者ではないということ。俄かであればあるほど、足元を見直さなくてはならない。


昨年のトレード騒動に端を発したフロントの迷走に、上記を思う。
31年振りの快挙というのは、負の部分も大きいということだろうか…
もう一度、足元を見つめ直してほしい。
コメント
この記事へのコメント
ヒー
小坂のインタビューを読んで変われない自分に自己嫌悪した後にこのエントリを拝読したら、どんどんズレていくロッテが不憫で涙が出ました。今も鼻水が滝のようです。
2006/02/08(水) 03:37:57 | URL | ひぐち #-[ 編集]
>ひぐちさん
各ニュースのリンク貼るのがメンドーだったんで、こんな風にしたんですけどねw
フロントに対する率直な感想は「頼むから少し黙っててくれ」という感じですね。
グラウンド以外のニュースが出るたびにげんなりしてますわ。
2006/02/08(水) 16:22:14 | URL | くっきー #-[ 編集]
ダイマイ
ダイマイのころから、マリーンズをこよなく愛する知り合いのおじいちゃんが、エカをほめ、
ボビーを危惧していたのを見て、
それはヘソを曲げているだけだろうと思っていましたが…

ファンのためにためにためにがファンから離れていくような気がしてならない、今日この頃…。

とある関係者がぽつねんと、なんだか手づくり感が無くなっちゃったねとのつぶやきにしみじみとさみしさを感じる…
2006/02/08(水) 20:29:12 | URL | おにぎりまる #z8Ev11P6[ 編集]
>おにぎりまるさん
うーん、何と言うか、一方通行なんですよね。もちろん彼らなりに努力はしているんでしょうが、相互通行が取れてないんで結果として押し付けになってしまう。
目の色を変えてくれたのはいいんですが、一方通行だとバックできませんからねぇ…
2006/02/10(金) 11:26:40 | URL | くっきー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。