左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DAM is wonderful!!~上野ダム~
2ヵ月半近く更新をサボっていましたが、久し振りに更新です。といっても当然ダムですが。

今日は午前・午後とも草野球が雨天中止になってしまいまして。既に家を出た後で中止の連絡が入ったもんですから、何かそのまま帰るのも勿体無いだろうと。せっかく早起きしたんですし。

となれば行き先はひとつ。ダムしかありません。しかもユニフォーム姿で。
まぁ、以前から「次はこのダムに行こう」というのはある程度決めていたんで、すんなりと予定変更というわけです。


今回は群馬・長野・山梨の3ダムを攻めてきました。
3ダムとも比較的県境近辺に集中してるんで、3県といってもそこまでの長旅ではなかったです(3つの峠越えはしこたま長旅でしたが…)

まずは群馬にある上野ダム

この上野ダムはダム自体よりも発電所の方が有名でしょうか。隣にある長野の南相木ダムを上部ダム、上野ダムを下部ダムとしての揚水発電を行っている神流川発電所。揚水発電としての最大出力は世界最大級とのことです。

もうひとつはダムがある場所。群馬県上野村というところにありますが、すぐ側には御巣鷹山があります。そう、1985年、歴史上稀に見る大惨事となった日航ジャンボ機墜落現場のすぐ近く。というか神流川発電所は墜落現場の地下にあるらしい。
実際、上信越道の下仁田インターから上野ダムに向かう際も「御巣鷹」の文字をたくさん見ました。墜落事故当時の俺は小学生でしたが、子供ながらに衝撃を受けたことを思い出しながらのダム巡りとなりました。

といっても上野ダム自体も魅力的なダムです↓


上野1
ここにも「御巣鷹の尾根」の標識…

上野2
やって来ました。

上野3
堤体。「く」の字型に曲がっています。パッと見重力式アーチですね。
あと堤体から岩盤が飛び出ています。地盤を挟み込んでの堤体という、珍しい形式。

上野4
ダム湖側から。やっぱり曲がっています。

上野5
飛び出している地盤。

上野6
天端。曲がっています。

上野7
直下を望む。相変わらず高さ(120m)が伝わらない…

上野8
下流側。紅葉が綺麗ですね。

上野9
奥神流湖。神流川発電所の下池です。

上野10
ダム管理所。えらいオシャレだな…


今回心残りだったのはゲート類を見れなかったことですかね。
堤体直下まで行ける道があるんですが、残念ながら立入禁止でした。残念…
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。