左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DAM is wonderful!!~黒部ダム(富山)~
さて、黒部ダム本編です。


富山黒部1
到着。「ダ」の字の左に映っている脚が俺。

富山黒部2
もはや説明不要。あまりにも有名な画ですね。観光放水真っ最中。

富山黒部3
黒部とえばウィングダム。
アーチ式でありながら、両岸の岩盤が弱いために作られた重力式のウィング部です。

富山黒部4
「黒部といえばハウエルバンガーバルブ、ハウエルバンガーバルブといえば黒部」というくらい有名。
華のように放流する様はハウエルバンガーの最大の見所。

富山黒部5
ハウエルバンガーバルブは水流を散らすのに有効なので、堤体直下はそれほどダメージなし。

富山黒部6
左岸から。黒部ダムというとほとんど右岸からの写真が多いので、あえて左岸から撮ってみました。
映画「ホワイトアウト」で織田裕二が歩いたキャットウォークもバッチリ。

富山黒部7
富山黒部8
虹が架かっています。

富山黒部9
天端より直下を望む。放流の水で下は見えません。

富山黒部10
上流側の堤体。

富山黒部11
インクラインでしょうか。

富山黒部12
黒部湖。

富山黒部13
富山黒部14
堤体両岸にあるコンクリートの建造物。ダム建設時に使用していた遺構のようです。
パルテノン神殿みたいでカッコいい!

富山黒部15
こちらも建設時に使用していたコンクリートバケット。これを使ってコンクリートを流し込んでいたのですね。

富山黒部16
富山黒部17
下流に広がる黒部渓谷。

富山黒部18
展望台。かなり高いところにあります。

富山黒部19
殉職者の慰霊碑。想像を絶する過酷さだったことを物語っています。
この慰霊碑の前で記念写真を撮る団体客が多かったのですが、記念写真を撮るべき場所じゃないと思うんですが…ワイワイするとこじゃないだろ、ここ。

富山黒部20
黒部ダムカレー。1,050円。た、高い。味はまぁまぁ。
ハッキリ言って墨田区にある某料亭レストランのダムカレーの方が味・完成度とも圧倒的に上です。
カツが2個入っている点だけは黒部の勝ちですが。

富山黒部21
黒部ダム限定の山いちごソフトクリーム。300円。た、高い。味は普通のイチゴソフト。
黒部ダム限定の意味が良く分かりませんが…やっぱり日本人は限定の文字に弱いですね、まったく。


えーと、こんな感じです。
いつものダム巡りと違って、何も考えずにダムをボーっと眺める時間を取ったので、都合3時間くらい滞在していたでしょうか。
展望台から見る観光放水(黒部は「放流」ではないらしい)はさすがに見事でした。ハウエルバンガーバルブの面目躍如といったところでしょう。

お盆休みの最終日ということで、結構賑わってましたね。トロリーバスなんて満員電車状態でしたし。
関西からの団体客が多かったようです。あとは韓国からの観光客とか。黒部じゃなくて北京に行ってた方がいいんじゃねーの?と思いつつ、黒部ダムの知名度を再認識。意外だったのは若いカップルが多かったことでしょうか。

まぁ予想以上に観光客が多かったのには驚きましたが、もはやここは完璧に観光地ですね。どちらかというと俺は誰もいないダムで独りでニヤニヤしながらダムを見るのが好きなので、ちょっとうんざり。
ダム自体は日本一の名に違わぬ迫力でしたが、もう黒部ダムはお腹一杯ですね。あ、雪化粧の黒部(晩秋)はちょっと見てみたいかも。

あと関係ないですが、ここの正式名称は「黒部ダム」です。「黒四ダム」という名称もありますが、これは黒部ダムの水を利用している水力発電所が「黒部川第四発電所」なので、そこからの俗称です。
ただ、ダム好きの人に「黒部ダム」と言っても「黒部ダム?富山の?栃木の?」と聞き返されてしまうのでご注意を。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。