左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DAM is wonderful!!~Road to 黒部~
さて、長野遠征初日のラストはご存知黒部ダム。というか富山ですけど。
まぁ説明の必要はないでしょう。恐らく「ダムといえば?」という問いに対して最も多い回答が予想できるダム。

実は日本一の堤高186mなどといったダムのスペック的にはさほど興味がありません。いや、興味がないわけではないんですが、ダム好きを自称するなら黒部には行っておかないとマズイだろ、という感じのほうが強いです。
もはやダムだけにはとどまらず、ひとつの観光地(黒部立山アルペンルートの一部)として認知されている黒部ダム。行く前からその意識はありました。

とはいえ、やはり名実共に日本一のダムですから、楽しみは楽しみです。
ダムにたどり着くまでにも様々な見所があるので、とりあえずダム本編と分けて掲載します。


road to 黒部1
大町アルペンラインの終点、扇沢。

road to 黒部2
road to 黒部3
関電トロリーバスの扇沢駅。

road to 黒部4
扇沢駅と黒部ダムの往復切符。2,500円。た、高い。

road to 黒部5
扇沢駅の改札口。思いの他長蛇の列。

road to 黒部6
トロリーバス。コレに乗って黒部ダムへ。所要時間15分。

road to 黒部7
黒部ダム駅到着。七倉ダムの登って、高瀬ダムから1時間かけて歩いて帰ってきて、最後にまた昇る。
もう俺の脚は終了を迎えているというのに…

road to 黒部8
駅内の気温は15度。涼しい。

road to 黒部9
展望台へ続く220段の階段中腹。優しい気遣いがまたいいですね。

road to 黒部10
階段の終わりが見えてきました。あの光の向こうは…(続く)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。