左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DAM is wonderful!!~川俣ダム~
以前から行きたかったダムのひとつ、川俣ダム。堤高は川治ダムの方が高いのですが、川俣にはいろいろ見所があります。
有名なところで言えば、堤頂長131mに対して堤高117mという「超縦長ダム」。アーチ式の中では日本一縦長というスマートなプロポーションの持ち主なのです。
景色も抜群。秘境的な雰囲気が魅力です。


川俣1
駐車場にて。入場は15時まで。

川俣2
あまりにも有名なこの画。興奮しました。

川俣3
縦長なんで写真に収まりきらない…

川俣4
天端。いいカーブっぷりですね。もちろん徒歩のみ通行可。というか向こう側は行き止まり。

川俣5
下流。瀬戸合峡という鬼怒川の渓谷。

川俣6
その上に吊り橋が架かっています。後ほどあそこへ…

川俣7
直下。まるで滝壺のようです。

川俣9
川俣湖

川俣10
右岸にあるインクライン

川俣11
先程の吊り橋へ向かうべく、瀬戸合峡遊歩道を歩きます。というかアップダウンがハンパ無い。リアルで疲れた…

川俣12
吊り橋手前にある天使の鐘。何が天使なのか分かりません。そしてすげえ音が大きい。
ダムをバックにした鐘というのもここだけでしょう。

川俣13
遊歩道入口から10分ほどかけてようやくたどり着きました。
というか吊り橋を渡ると行き止まりなのに「渡らっしゃい」とはこれ如何に。

川俣14
吊り橋から見る縦長プロポーションは素晴らしかった

川俣15
ハウエルバンガーバルブのアップ。キャノン砲みたいでカッコいい!

川俣16
吊り橋から見る瀬戸合峡

川俣17
川俣18
ダムよりも高いところにある見晴茶屋より。「ダムVS吊り橋」という構図がいいですね。


ということで、五十里・川治・川俣という栃木を代表する3ダムを巡ってきました。今日のルートは栃木のダム巡りにおいては基本中の基本です。栗山ダムには行けなかったのですが…
しかしさすが北関東、規模はもちろん、周辺の風景を含めて「大自然と巨大人工建造物の融合」が強く感じられる1日でした。
ちなみに一般的には今日のルートは全て温泉が有名です。無論俺には温泉の「お」の字もありませんでしたが…
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。