左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DAM is wonderful!!~川治ダム~
次に訪れたのは、五十里ダムと山を挟んで隣にある川治ダム。アーチ式の中では黒部(186m)・温井(156m)・奈川渡(155m)に次ぐ4番目の堤高である140mを誇ります。
これまでアーチ式は奈川渡、矢木沢、二瀬(重力式アーチ)しか見たことがなかったので、今回の川治・川俣ダムはかなり楽しみにしていました。


川治1
来ました。思いっ切り反射してますね、俺。

川治2
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!
アーチ式ですよ、アーチ式!やっぱりいいですねー。力強さと美しさを兼ね備えた完璧なシルエットです。

川治3
堤体のアップ

川治4
天端。もう左へグニャっとね。ちなみに県道です。

川治5
ゲート操作室軍団。これは正直カッコ悪い。

川治6
直下。身を乗り出して真下を撮りましたが、オーバーハングしているために堤体が見えません。

川治7
発電用の水かな?

川治8
八汐湖

川治9
左岸にあるインクライン

川治10
上流左岸より堤体。予備ゲートが少しだけ顔を覗かせています。

川治11
こちらは右岸側より少し引いたアングル


いやぁ、久し振りのアーチ式を堪能しました。やっぱりアーチ式は天端から直下を見下ろした時の迫力がたまらんです。最近はロックフィルが主流ですから、これだけ大規模なアーチ式は貴重です。
お土産屋さんや資料館も充実していて、非常にオススメなダムです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。