左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
千葉の夏、終わる――東西千葉の最強、甲子園へ
どうでしょう、雨天順延が1日もなく日程を消化した大会って物凄く久し振りのような気がしますが…
東千葉は木更津総合、西千葉は千葉経大附がそれぞれ制しました。
昨夏の「気付けば市船」から1年。
昨秋からの千葉県高校野球を見ていますと、ここ最近では珍しく「順当な1年」だったのではないかと思います。恐らく昨秋の安房の準優勝とセンバツ勝利が一番大きな衝撃だったわけで、それ以外は極めて順当な、波風のあまり立たない1年でした。

そういった意味では、久し振りに上位のレベルで名前を聞いた成東の復活は大きかったのではないでしょうか。
特別体が大きいわけでもなく、スラッガーもいない。それでも小橋・宇井の両投手を中心とした堅守で勝ち上がる姿は、まさに高校野球のお手本と言っていいと思います。春以降、宇井が不調に陥ってしまったのは残念ですが…

また、成東を含む第6ブロックの充実振りは目を見張るものがありました。東千葉のベスト8中、実に5校(成東、成田、東総工、成田国際、銚子商)が第6ブロックの高校です。
銚子商、成田、横芝敬愛、統合した新生市立銚子はもちろん、もはや県下の強豪となった東総工、復活の兆しを見せた東京学館、古豪にして進学校・佐原の台頭、2年目を迎えた県立銚子、そして元若松監督の田口氏が率い、今夏を大いに盛り上げた成田国際。

銚子商は昨夏の嶋田主将を中心にしたチームからは小粒になり、正直昨秋から今春まではかなり厳しい状況だったと思います。しかし昨夏センターだった糸川を主戦に、セカンド、サードだった池永をキャッチャーにコンバートするという齋藤監督の手腕が発揮され、見事今夏に間に合わせました。

昨夏「関東No.1右腕」唐川を擁した成田も戦力ダウンと見ていましたが、何だかんだでベスト4。貧打は相変わらずですが、エースの投手力は相変わらず県内トップクラスです。

印象的だったのは佐原と成田国際。
佐原は全くのノーマークだったんですが、昨秋の予選で成田に2-4の善戦を演じ、東部大会では準優勝。いわゆる進学校だと思うんですが、速球で押すエース・前沢を中心としたチームには興奮しましたね。

旋風を巻き起こした成田国際は昨秋は東総工に、今春は佐原に予選で敗れています。春以降の3ヶ月で相当成長したのでしょう。「高校野球は指導者で変わる」という典型ですが、強豪校にもまったく引けを取らない素晴らしいチームでした。

そして何より東総工。
正直言って一番肩入れしていました。何せ練習試合まで見に行ってましたし。
中でも杉山翔大は俺がここ数年で一番熱狂した選手。去年の春から見てきましたが、自分自身去年の唐川や丸(千葉経大附)、坂本(市立柏)以上に惹かれていたと思います。
プロのスカウトやマスコミからも大会を重ねるごとに鰻登りの評価。もはやプロ注目の選手となりましたが、昨春大谷津球場で長生の齋藤を木っ端微塵に打ち砕いたその衝撃は、今でも鮮明に覚えています。


正直、今夏の千葉は例年ほどの盛り上がりに欠けたと感じた人は俺だけではないはずです。
木更津総合・千葉経大附という「千葉県のツートップ」が優勝し、シード校が軒並み勝ち上がる順当振りだったこと、東西に分かれたことで大会の濃さに欠けたこと。

そしてもうひとつ。
俺は、心底東総工の甲子園出場を期待していました。去年の3本柱(菅野・川口・高橋佑)と杉山に魅せられてから1年と3ヶ月、急成長で強豪校の仲間入りを果たしたこのチームが負けた時点で、テンションが思い切り下がったことは否めません。たぶん負けた相手が成田国際であろうと木更津総合であろうと銚子商であろうと同じだったでしょう。

逆に言うと、特定のチームや選手に肩入れしすぎるとこうなってしまうんですね。思えば昨秋以降、お目当ての試合(選手)・チームを明確にしすぎて観戦予定を立てていた感じがありました。別にそれが良くないこととは思いませんが、例年ほどの高揚感がなく夏が終わってしまった大きな要因であることは間違いありません。
大粒の選手揃いだった去年に比べ、今年は粒が小さいことは明らか。それだけに、特定のチームや選手にのめり込みすぎてしまったのかもしれません。

まぁ、今思うと自分の観戦スタンスからは少し外れていたのかな、とも思います。今秋以降はどうなるか分かりませんが…
逆に言うと、それだけに心底杉山には上のレベルで大成してほしいものです。


とまぁ、結局第6ブロックの総括になってしました。要は西千葉はゴメンなさいということです。昨秋からほとんど見てないです、はい。


さて、甲子園に駒を進めた木更津総合千葉経大附。
木更津総合は春の関東大会も制し、名実共に千葉県最強でしょう。田中・淡路は高校球界でもかなりのレベルを誇る左右2枚看板だと思います。地引の魅力はイマイチ分かりませんが…
思えば斎藤・田中の左右2枚看板で挑んだ昨夏の決勝で市立船橋に屈辱的な大敗。2年生バッテリーが残り、優勝の大本命と目されていた昨秋は準決勝で安房に力負け。田中の苦しみはもはや有名ですが、2年連続で準優勝に甘んじた拓大紅陵を考えれば、見事1年でリベンジを果たしたわけです。
普通に甲子園では上位が期待できるのではないでしょうか。

一方の千葉経大附。
こちらも言わずと知れたエース・齋藤と吉野の投手力は抜群。丸や大島のような打線の破壊力はありませんが、粒は揃っています。主将・内藤が絶不調というのが気になるところですが、センバツベスト4も含めた経験と貫禄は県下一。西千葉大会でも最激戦のヤマを勝ち抜き、接戦や苦戦を経験したことは大きいと思われます。
松本監督が決勝戦を前にしての「千葉の代表は通過点。あくまで今日は6回戦という気持ちで戦う」というコメントにも、もはや現実的というか、貫禄すら漂います。まぁ、それを言うだけの資格は今の千葉ではこの高校だけでしょう。


と書いておきながら、ハッキリ言って甲子園はどうでもいいわけで。もはや俺の興味は来月20日から始まる秋季県大会予選。2年生が多く活躍した今夏、秋以降も目が離せませんよ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。