左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マリンで見た「好プレー」
久々の更新です。

熱戦を繰り広げている高校野球。
7月21日の東千葉大会準々決勝、銚子商-東海大望洋での1コマです。


池永負傷


0-0で迎えた8回裏、一死2塁。息詰まる展開の中、銚子商のエース左腕・糸川が投じたカーブがホームの手前でワンバウンドし、キャッチャーの池永が投球を首に当ててしまい、一時負傷退場(治療後、試合に復帰)してしまう場面です。

東海大望洋からすれば一死3塁となり、願ってもない大チャンス。押せ押せムードも最高潮。
一方で、池永は下から突き上げてくる硬球をモロに首に食らってしまい、痛みのあまり苦悶の表情で蹲ってしまいます。

ここで誰よりも先に池永に駆け寄り、コールドスプレーで応急処置を施したのは、何と東海大望洋の1塁コーチャー・遠山だったのです。

自チームは息詰まる熱戦の均衡を破るか、という場面。そんな中、糸川よりも、銚子商ベンチよりも、審判よりも早く。


もしあの場に自分がいて、果たしてあの行動が取れたかどうか。
いや、恥ずかしいようなことを言うようですが、敵味方関係なく、いの一番で駆け寄った彼の行動に俺は胸を打たれました。中々出来ることではありません。

事あるごとに俺は「野球は思いやりのスポーツ」と言っていますが、それを行動で示した素晴らしい場面です。野球というスポーツの大事な部分を見た気がします。

テレビ中継では全くそのことには触れられていませんでしたが、糸川と望洋・佐々木の痺れる投げ合いよりも、意外な決勝点よりも、最後のバッターが齋藤監督の息子・之将だったことよりも、俺がこの試合で一番印象に残った場面でした。


さぁ、泣いても笑っても東西とも準決勝と決勝を残すのみ。
近年では記憶に無いほど順調に日程を消化している今大会ですが、これまた近年では珍しくシード校が順調に勝ち進んでいます。
贔屓の高校は敗れてしまいましたが、最後までこの熱戦が続くことを期待しています。

というか木更津総合は強すぎです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。