左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DAM is wonderful!!~番外編その5 砂防ダム~
皆さん、砂防ダムをご存知でしょうか?
峠を走っているとちょくちょく見かけるんですが、一般的に言うダムとは目的が異なり、完全に土砂災害を防ぐために設置されているものなんです。

先日鉄塔好きの友人Aと、本八幡のメチャクチャかわいい店員がいる焼肉店でホルモンを突付いていた時のこと。

「ダムって大抵バイク乗りがいるよね。峠を攻めてダムで休憩みたいな。で、峠を走っている時に見かける砂防ダムって、哀愁みたいなのが漂ってていいよね。」

(こ…この男、砂防ダムに着目するとはかなりのツワモノじゃないか。俺も注意深く見てみよう。)

そんなやり取りから、今回は砂防ダムにも着目してみました。


砂防1
まずはこちら。間瀬ダムの上流にある砂防ダム。

砂防2
同じ砂防ダムを上流側から。

砂防3
ここからは全て県道71号(高崎神流秩父線)の砂防ダム。峠の小さな渓流にある、ごくありふれたタイプ。

砂防4
この砂防ダムは役目をキッチリ果たしていたようです。

砂防5
もはや過去の産物となってしまった彼。まるで「天空の城ラピュタ」の動かないロボット兵のよう。見ていて何とも言えない気持ちになってしまいました…

砂防6
ちょっと奥まったところで仕事をしていました。目立たないけど頑張れ。

砂防7
こちらは現役バリバリ。見事な3連ダムで元気なところを見せています。


他にも見かけたのですが、とりあえずこんな感じ。
最前線で仕事をしてる砂防ダムはいいんですが、役目を終えたかのような砂防ダムが何とも寂しい佇まいでポツンとしていたのが印象的でした。
彼らには通常のダムのような名前もないのでしょう(○○川第××号とかあるのかな?)。「名もなき仕事人」として、我々の目には見えにくいところで踏ん張っている砂防ダム。

もはや問答無用だ。
頑張れ砂防ダム!
コメント
この記事へのコメント
4枚目、5枚目みたいなのがグッとくる。砂防ダムは旧道沿いにあったりするよね。

新道と旧道があったらすかさず旧道。さらに旧道沿いに細い迂回路を見つけたらすかさず曲がる。役目を終えたガードレールとか標識とかトンネル跡とか橋跡…。そういうのをドライブっていうんだと思う。
2008/06/17(火) 08:23:16 | URL | 鉄塔男 #-[ 編集]
>鉄塔氏

うむ、仰る通り。
山奥や峠にある建造物って、どこか寂しさとか哀愁を漂わせてるよね。
それはそのまま歴史を表しているんだろうけど…
撤去や建て直しされていないところがまた涙を誘う。

合角ダムから下久保ダムへの移動で通った高崎神流秩父線は、そういった「グッとくる建造物」の宝庫だった。また行きたい。
2008/06/17(火) 20:34:25 | URL | ダム専務 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。