左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1世紀前の野球が、俺は好きです
また唐川が勝ったようですね。
ついこの間まで「千葉の至宝」と呼ばれていた高校生が、あっという間にプロで3勝ですか。傍目には高校時代と大きくピッチングが変わっているようには見えないのですが、プロのリードというのもあるんでしょうかね。チェンジアップを痛打された稲葉に対し、次打席の初球にまたチェンジアップを投じる辺りが頼もしいものです。
まぁ、今の時代にカーブが大きな武器になっているというのは嬉しい限りです。
しかし、成田・尾島監督はとんでもないピッチャーを育て上げたものです。心底脱帽しますよ。

えーと、別に今回は唐川の話題ではないんですが…


先日スポーツニュースを見ていたら、楽天-ロッテの試合で送りバントがレフト前タイムリーになった場面が流れていました。
無死1,2塁でバントシフトを敷いたために空いた三遊間をバントで抜かれたらしいのですが…バントシフトの是非や野村監督のコメントは置いておいてですね、俺自身はこういうの大好きなんですよ。バントシフトとかピックオフとか。

バントシフトもピックオフもランナーを刺しに行くという「攻撃的な守備」ですが、同時に守備側にはリスクも生じます。
バントシフトであれば上記の例やヒッティングに切り替えられた時。又は盗塁の危険性。ピックオフであればピッチャーがウエストするため、ボールカウントを1つ費やすことと、送球が逸れた際のダメージ。
加えて、ピックオフに関していえばリスクの割りにリターンが小さかったりします。つまり、ランナーが引っ掛かる確率が低いのです。ランナーが集中して、ランナーコーチがしっかりと声を出していればまず引っ掛からないでしょう。
ピックオフはランナーのリードを小さくしたり、スタートを切りにくくするための作戦ではありません。あくまでランナーを刺しに行くフォーメーションであって、ランナーを殺して初めて価値が生まれるものです。ですから、リスクの割りに成功(ランナーを刺す)の確率(リターン)が少ないのです。


確かに野村監督が言うように、極端なバントシフトは古いかもしれません。ピックオフはもっと見る機会が少ない。プロではほぼ皆無でしょう。高校野球でもたまに見るくらい。恐らくどのチームも練習はしているんだとは思いますが…

しかしですね、私は好きなんですよ、バントシフトとピックオフ。ハイリスクローリターンでも、です。確率は低いといえど、決まった時の相手に与えるダメージは物凄い大きい。
何回も書いていますが、2001年の甲子園、尽誠学園戦の初回に習志野が見せた無死1,2塁からのバントシフト→5(捕球)→6(3塁カバー)→4(1塁カバー)というゲッツーは、未だに俺の中で史上最高のバントシフトでした。

ランナーを確実に送るはずが完璧に阻止される。
牽制球の類いでランナーが刺される。

攻撃側は一気に萎えますね。
送りバントを失敗するよりも萎えますね。
失敗ならまだ切り替えようがあります(もちろん萎えます)が、バントシフトで刺されると「相手に完全に屈した」という感覚が残ります。極端に言えば、相手の手の平で踊らされているようなものです。ピックオフなんてもっとヒドいものです。「してやられた」なんてレベルじゃありません。攻撃側が攻撃されて負けたという感じです。

俺はそれくらいダメージが大きかったですね。でも、引っ掛かる確率は相当低い。

ただ、確率がどうこうよりも、このフォーメーションが好きなんですよ。いかにも日本野球というか、バッテリーと内野の連携によって生み出される一連の動き。しかも何回もできるプレーではありません。というか、基本的には1試合で1~2回でしょうか。
ピックオフなんて、いわばトリックプレーの一種です。堂々と出来るトリックプレー。タネがバレれば2度は出来ませんよ。

1試合で何度も使えるフォーメーションではない上に、失敗は許されない。成功はしなくても、失敗は許されない。たった1回に賭ける、ヒリつくような感覚。
何というか、ひとつの「作品」のような感じです。

なもんで、たまに試合でバントシフトやピックオフを見ると、この上なくいい気分になれます。もしピタリと決まろうものなら、ボルテージは最高潮。


たぶん同調する人は少ないでしょうね…
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。