左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
安房、力尽きる
安房 3-4X 宇治山田商


いい夢見させてもらいました。

最後の最後で逆転されましたが、堂々たる戦いぶりでしたね。いや、お見事。
とりあえず主将の岩澤でしょう。出鼻をくじく、まさに「イチ・ニ・サン」でストレートを捕らえた先頭打者ホームラン。2回のスライダーを叩いたタイムリーも、あわや2打席連続という当たり。県大会からその打棒には注目していましたが、まさか好投手・平生相手をここまで完璧に捕らえるとは思いませんでした。

エース・佐野も初戦に続き、宇治山田商打線のタイミングを完璧に外していました。要所で投じる100km/hを切るような絶品のスローカーブは今日も冴え、120km/hのストレートに振り遅れる場面が多く見られました。
終盤、変化球が捕らえられ始められましたが、苦しい場面でストレートを1球食い込ませるところまで踏み込んで欲しかったところです。夏に向けて、今以上に「より緩い球を活かす」ことを期待したいと思います。
ただ、毎日放送の解説・磯部氏が評した「力投する軟投派」のピッチングは、誇張無しで本当に素晴らしかったです。変則フォームや絶妙の変化球だけでなく、この「力投するフォーム」が大きな武器にもなっていましたね。

さて、結局のところ平生の踏ん張りが試合をひっくり返した感じがあります。
3回以降は140km/hを超える(最速153km/h)ストレートと130km/h中盤のスライダーがコーナー決まりだし、さすがのピッチング。あのスライダーは高校生レベルではそうはいないでしょう。スライダーで140km/hとか、マジで高校生かと。

印象的だったのは7回表、一死2塁で迎えた岩澤の打席。2打席連続で完璧に打たれ、前の打席では140km/hのスライダー三振に切って取っての第4打席。佐野が捕まり始め、追加点が欲しいこの場面、2-2から平生が投じた149km/hの外角一杯のストレート。岩澤が見逃すしかなかった程のストレートに、凄みを感じましたね。
前の打席で三振を取ったスライダーではなく、渾身のストレートを選択したところに、芯の強さがあるような気がします。ちょっと上半身で投げる傾向が強いように思えますが、それだけに「剛速球」のイメージが印象的です。


とりあえず、安房の選手はぜひ胸を張って帰ってきてほしいですね。最高でしたよ。
VIVA,AWA!!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。