左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
激しくどうでもいい話
唐突ですが、毎朝7時に家を出ている俺です。
メシ食って身支度して、プカリと煙を燻らす出社前の一服が朝のリラックスタイムだったりします。これから満員電車に揺られ、夜まで働くわけです。この一服はかなり大事。

で、この朝の一服の時に見ているのが、某局の朝の情報番組「めざましテレビ」。まぁ、単に5分程テレビをつけているだけですが。丁度7時前は「今日の占い」というコーナーをやっていることはご存知の方も多いでしょう。

実はこの「今日の占い」の12位の星座を発表する時にコメントする女子アナの「ごめんなさぁ~い」が結構好きだったりします。誰が言っているのか知らない上に、確かにちょっと「いかにも」的な聞こえ方がしますが、好きなものは好き。

あぁ、そんなことはどうでもいいんです。
毎朝この「今日の占い」を見ていて気になった、更にどうでもいいことがあるのです。


このコーナーはその日の星座の運勢を1位から12位のランク付けをし、それぞれのラッキーアイテム等を付け加えて発表しています。
別に占いの類いには全くもって興味がないんですが、「ごめんなさぁ~い」を聞きたいがために最後まで見ているんですね。

関係ないですが、俺はおとめ座らしいんです。でも俺的にはしし座のつもりです。いや、しし座だ。丁度しし座とおとめ座の境目の誕生日なんですが、確かにおとめ座のようなんです。でも子供の頃、ファミレスにある星占いの置物?(100円入れて占うみたいなヤツ)で俺の誕生日はギリギリでしし座だったんですよ。それ以来、俺はしし座ということになっています。俺の中で。
別に身長185cmのおとめ座というのがイヤとかそんなんじゃないです。そんなんですけど。


話が逸れました。

上記のリンク先をご覧頂いてもお分かりの通り、一番運勢の悪い12位の星座には「おまじない」なるものが設けられているのです。要は悪い運勢を避けることが出来る「お助けグッズ」みたいなものです。またはドラえもんか。

まぁ、確かに占いを信じる人や気にする人は「ヴァアー、今日は最悪の1日だ…」と朝から落ち込んでしまうかもしれませんからね。このおまじないは精神的に助かるかもしれません。

…ちょっと待ってください。ここで大きな疑問が生じてきませんか?


このおまじないをすることによって、12位から何位までランクアップするのか?


助け舟なわけですから、そのまま12位のままということはないでしょう。仮におまじないをして都合の悪い状況を回避できるとすれば、少なくとも確実にランクアップという形になるはずです。

リンク先を見ると、どうやら6位までの星座はいいことが書いてあります。逆に7位からは「大失敗」「グッタリ」「ギクシャク」といったbad wordsがズラリ。ということは、おまじないをすることによって7位まで躍進する可能性があるわけです。
おぉ、12位から7位までランクアップするなんて、まるで箱根駅伝の山梨学院大学の外国人ランナーのようです。

いやいや、ちょっと待て。
そうなると、元々の7位から11位までの星座の立場はどうなるのでしょう?「最下位の特権」ともいうべきおまじないのせいで、自分の知らないところで強制的に1ランクダウンさせられてしまうのです。これはヒドい。あんまりです。いきなり特待生を取り締まる高野連よりヒドいです。

若しくは、もしかしたらおまじないのおかげで悪い運勢どころか良い運勢に巡り合えるかもしれません。極端な話、いきなり1位にまで大躍進してしまったらどうするのでしょう?2位~11位までの星座は大ブーイングどころの話じゃないですよ。


即ち、これは何を意味するのか?

12位の星座は、その時点でもはや12位ではないのです。もちろんおまじないをしなければ12位のままですが、少なくとも12位には「11位以上にランクアップ出来るチャンス」が勝手に用意されているのです。
それであれば、全星座とまでいかなくても、せめてbad wordsオンパレードの7位以下の星座全てにおまじないを設けるべきなのではないでしょうか?といっても、それで順位が変わるわけではないのですが…

「何かを得るには何かを失わなければいけない」というように、「誰かがランクアップするということは、誰かがランクダウンする」ということです。その大原則が、この「今日の占い」では完全に否定されているのです。


「最下位におまじないを設けない」
「全星座におまじないを設ける」
「おまじないを実行しても、直近の上位の星座の運勢を抜くことはできない」

この何れかを追記事項としない限り、この矛盾は解決できないのではないでしょうか?


以上のように考えると、この「12位であって12位ではない」星座を発表する際の「ごめんなさぁ~い」は、12位の星座の人はニヤリとし、7位~11位の星座の人はムカッとし、1位~6位の星座の人は「他人事ながらもマークしておかなくては」と身構えるという、何とも意味の深い一言である…ということです。



来月辺りから野球ネタを再開できると思います。もちろんダムも。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
時事ネタ探しのついでに読ませてもらいました。
2008/04/28(月) 11:03:51 | ニュース・ヘッドライン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。