左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DAM is wonderful!!~長柄ダム~
昨日の神奈川5ダムに引き続き、今日もダムな日です。何せダム部部長ですから、ダム巡りにも力が入るというものですよ、ええ。


今日は千葉県の長柄ダムに行ってきました。

長柄ダムはアースダムという形式で、アースダムとしては堤高第4位、堤体積第3位というなかなかのボリュームがあるダムです。
アースダムというと以前行った三島ダムのような地味な感じを想像してしまいますが、そこは堤高52mを誇る長柄ダム。期待通りでした。


長柄1
やって来ました。実は家から一番近いダムでもあります。

長柄2
下流側の堤体。雪が残っています。

長柄3

長柄4
こちらは自由越流式の洪水吐。なかなかの水位。

長柄5
洪水吐を正面から。

長柄6
下流部。導流部と減勢工の規模からすると、随分小さい川のような…

長柄7
ダム湖側の堤体。ロックフィルかと思った…

長柄8
ダム湖である市津湖。左側に観覧車が見えます。

長柄9
ちょっと歩いたところから。左端に洪水吐が見えます。

長柄10
観覧車の麓から。正面に洪水吐。

長柄11
こちらは取水塔。

長柄12
案内板。

長柄13
下流側から見た堤体。このポイントを探すのには苦労した…


この長柄ダムは利根川の水を房総半島に供給するという、非常に重要な役割を果たしています。
つまり21世紀枠で甲子園に初出場する安房高も、この長柄ダムの恩恵を受けているということ(ムリヤリ)。このダムから供給された水で安房高ナインは頑張っているのです(たぶん)。

長柄ダムパワー、すげえ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。