左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DAM is wonderful!!~高滝ダム~
さて、12月に入って最初の日曜日。寒さに負けず、ダム巡りに行ってきました。
実は栃木まで遠征する予定(もちろんダム巡り)だったんですが、急遽地元・千葉のダムに変更。要は寝坊したんですけどね。

いや、それはそれでよかったんだと思います。というのも、関東の住民にとってダムといえば群馬や栃木、つまり北関東だと思うんです。もしくは埼玉の奥の方や神奈川の奥の方。
しかし千葉に目を向けてみてください。何と千葉には以外にも55基ものダムがあるらしいんです。

ちょっと反省しました。関東奥地の巨大ダムに目を奪われていましたが、当の地元ダムをほったらかしにするとは何事か。

というわけで、一気に5ダムを巡ってきました。


まずは養老渓谷の近く、高滝ダム

20071202194557.jpg
千葉県一発目です。

20071202194606.jpg

20071202194617.jpg
ダム湖側から堤体を臨む。いい感じの水位。

20071202194626.jpg
下流側から。提高24・5mのため、さほど高さが感じられない。

20071202194636.jpg
天端より下流(養老川)を臨む。

20071202194645.jpg
ダム湖(高滝湖)。

20071202194654.jpg
非常用洪水吐のローラーゲートのアップ。

20071202194704.jpg
天端。車での通行可。

20071202194713.jpg
右岸には「たかたきダム」の植え込み。小さな野外音楽堂も。

20071202194724.jpg
左岸には資料館とレストランが併設されています。

20071202194732.jpg
すぐ先には圏央道の橋脚が…


一発目にしてはなかなか「ダムっぽいダム」でしたね。
ダム湖では釣りを楽しむ少年がいたり、親子連れで遊んでいたりと、地元民の生活の一部という感じでした。れっきとした重力式のダムなんですが、憩いの場という雰囲気でしたね。
とにかく「のどか」という言葉に尽きます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。