左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
成るか、「松戸発甲子園行」
持丸前常総学院監督が専大松戸監督に(スポニチ)
常総学院持丸前監督が専大松戸の監督就任(ニッカン)
【高校】専大松戸高監督に常総学院高前監督・持丸氏が就任(サンスポ)
今夏まで常総学院監督の持丸氏が専大松戸監督就任(報知)


またまた遅めのニュースですが、常総学院を今夏退任した持丸修一氏が専大松戸の監督に就任することが発表されています。
いやぁ、各誌が一斉に「専大松戸」の名を報じることに物凄い違和感がありますが…

当の常総学院は木内幸男氏が復帰して丸く収まったようですが、これは俄然専大松戸が楽しみになってきました。

専大松戸といえば、やはりラグビーが有名になるんでしょうか。野球に関して言えば、千葉県特有の「突き抜けられない強豪校」という位置付けですかね、俺的には。特に夏に関しては、序盤で有力校とぶつかってしまうことが多く、3~4回戦の早い段階で姿を消すイメージがあります。同時に「ノーシード爆弾」的な存在にもよくなるなぁ、と。

近年だと98、99年の春季連続準優勝の時が一番勢いがあったんでしょうかね。
余談ですが、今所属している草野球チームで、その時の専大松戸のエースと対戦したことがあります。今でも普通に130km/hくらいのストレートを放ります。打てるはずがありません。
ちなみに、その対戦したチームは江戸川区の連盟1部で優勝しているチーム。要は江戸川区最強。そこでエースを張っています。

話が逸れました。
今、千葉県で緑のイメージカラーというとまず若松が挙がるわけですが、ちょっと前までは圧倒的に専松だったわけです。それが近年の若松の台頭によって「緑の強豪」というブランド?を失っていたわけですが、この持丸氏就任によってどう変わってくるのか。

そもそも専大松戸が属する第3ブロックは東海大浦安を筆頭に、千葉商大付、市立松戸、学館浦安、成長著しい市川南や松戸六実と、なかなかの激戦区。名実共に東海大浦安が抜けていますが、ここに専松がどう食い込んでくるか、非常に楽しみです。


最後に、まだ確たるソースがないので控えますが、どうやらあの蒲原弘幸氏が第5ブロックの某公立校の監督に就任するという情報をキャッチしました。
こちらも目が離せませんね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。