左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DAM is wonderful!!~番外編その2~
ホワイトアウト<初回限定2枚組> ホワイトアウト<初回限定2枚組>
織田裕二、松嶋菜々子 他 (2001/03/23)
JVCエンタテインメント
この商品の詳細を見る


今更ながら、わざわざamazonで購入して見ました。
確か1回テレビで見たことはあったんですが(まだダムに興味がなかった頃)、やはりダム好きの視点からもう1度見たいなーと思いまして。

まぁ、何でしょうか。映画としては特筆するほど面白くないですね。
確かにスケールは大きいし、撮影状況・場所を考えれば凄い映画だとは思いますけど。

というか、設定がメチャクチャですよ。
ストーリーの舞台は日本一の貯水量を誇る奥遠和ダム。このダムのモデルは現実に日本一の貯水量を誇る奥只見ダムなんですが、映画では黒部ダムが舞台となっています。
そりゃ、重力式よりアーチ式の方がスクリーン映えしますからね。ちょっと重力式がかわいそうに感じますよ。

かと思えば、ダムの映像が俺も訪れた同じアーチ式の矢木沢ダムに切り替わってたりと、映画の中では1つのダムなのに、実際の撮影場所が複数なので、物凄く違和感がありますね。

グッときたのは織田裕二の目前にヘリコプターが現れるシーン。ロックフィルの雄・奈良俣ダムの堤体からヘリが出現するとは、なかなかダム好きのツボを押さえています。

まぁ、キャットウォークからの視界や閉ざされた冬のダム等、ダム好きにとっては結構面白い映画じゃないでしょうか。
何せ俺の見終わった感想が「黒部ダムのキャットウォークを歩いた織田裕二が羨ましい」ですからね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。