左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
俺にとっての野球とは
調子に乗って立て続けにエントリーを。
ご存知の方もいるかと思いますが、小学校1年から野球をやってきました。高校まで野球部に所属し、卒業後は草野球に精を出しています。会社の野球部ではちょっとした中心選手ですよ(参照。)
で、とりあえずポジション遍歴。
サード(小1~5)→ピッチャー(小6)→サード(中1~2)→セカンド(中3)→サード(高1)→キャッチャー(高2)→ファースト(高3)→サード(大学草野球)→ショート(会社草野球)
こんな感じ。基本的にサードですね。ただ、練習試合を含めればショートもやってるんで、内野は全て経験済み。残念ながら外野はなしです。

そんなことはどうでもいいんですが。
俺にとって「野球とは何か」といえば、文字通り「半生」です。人格形成、礼儀、マナー、社会生活、忍耐力、根性…etc。すべてを野球生活から学びました。俺にとってはもうスポーツという枠組みを超えています。高校野球について説得力皆無の文章を書いたのも、そうした気持ちからです。

俺自身「野球が好き」という気持ちも超越しているのでしょう。何せ高校までは野球嫌いでしたから。正確には「野球部」ですが。年末年始とお盆以外は全て練習と試合の毎日。本気で野球部を辞めたかったですよ。楽しいと感じたことはただの1回もなかった。でも今考えれば、もしあの時野球を辞めてたら、人生の半分を辞めていたようなものなんですよね。

ここ最近、色々な方(というかマリーンズブロガー)と交流する機会が増えまして、熱いトークを交わしていると「あぁ、みんな心底マリーンズが、野球が好きなんだなあ」と思ってしまいます。いや、俺もマリーンズ大好きなんですけど、どうやら「野球が好き」という概念が俺には少し欠けているようです。まぁ俺の半生ですから、好きとか嫌いとかいう範疇で括れない部分が多すぎるんですが。

そんな感じなんで、マリンで目の当たりにする試合はある意味「俺の半生を具現化した最高峰の映像」なんですね。だからマリンに行くと特別な気持ちになってしまう。高校野球を見に行っても同じです。

「野球の面白さ」って何なんでしょう。半生が野球だった俺には未だにわかりません。幸い、最近になって野球を「楽しめる」ようになってきたんで、早く「一野球ファン」になって、その答えを導き出したい。あ、来年の目標が決まりましたねw
コメント
この記事へのコメント
いいねいいね
プレーをする立場の人々が引退してから
野球を見ることすらできなくなってしまうのを
目の当たりにすると正直言葉を無くします。

そういう人々に野球を見る面白さってのを
ちゃんと知って欲しいってのが
実は長年の念願だったり。

しかしやっぱやってた人の言葉って
重さが違うわ。
2005/12/24(土) 09:35:36 | URL | makoto0172 #-[ 編集]
どうも。
逆にアタシなんか実戦経験に基づく知識がサラサラ無いから、くっきー様の知識の蓄積を分けてもらいたいな。
と、言う訳で、

つミ【浦和への御招待券】(またそれかよ…)
2005/12/24(土) 09:41:34 | URL | BlackMarines #-[ 編集]
>makoto0172さん
いや、観戦専門の方の意見ってすごい新鮮ですよ。
俺になかった視点ですからね。勉強になりますよ。

>BlackMarinesさん
【浦和への御招待券】
(・∀・)ノ ウケトッタヨー

いや、来年は本当に浦和にいきたいと思ってたんで。見かけたら声掛けますねw
2005/12/24(土) 10:18:54 | URL | くっきー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。