左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
野球人生初の屈辱
今日は1日虫の居所が悪い。

というのも、午前中の会社の草野球での1コマ。
相手は守備はザルもいいところですが、ピッチャーだけは経験者でストレートが110km/hちょっとくらいのボールを投げ込んでくるのです。
草野球で110km/h出せば結構速い方。簡単には打てません。

で、俺の2打席目。
内角のストレートを強振したんですが、インパクトの瞬間「バキッ」というイヤな音が響きまして…

この通りです↓
20071103194644.jpg

20071103194656.jpg


根元からバッキリ。
そりゃ軟式用木製バットの耐久性なんてたかが知れてますが(確かにドン詰まりでしたし)、それでも「バットを折られた」というのはとんでもなく屈辱です。こんなに悔しいとは思いませんでしたね。完全な敗北ですよ。あー、腹立つ。

金属やビヨンドを借りて打っていた時は「詰まって打つ」こともやっていたんですが…野村克也氏の言う「詰まりの恥辱」を体感してしまったわけです。


ただ、いつまでも屈辱に塗れている暇はありません。明日は明日で、別のチームでの試合があります。つまり、今日中に新しいバットの購入が必須というわけなのです。

で、買って来ました↓
20071103194707.jpg

20071103194716.jpg


はい、前回と同じローリングスのアオダモ製、84cmの780g平均。
というかですね、配色が逆転しているだけで同じバットです。

いや、折れたバットは物凄く気に入ってたんですよ。とにかくバランスが俺にピッタリだし、握った感触も最高。なもんで、ダメ元で前回と同じショップに足を運んだところ、コレがあったんです。何故か配色が逆転して。
素振りすることもなく、一握りした瞬間、颯爽とレジへ。わずか数秒で7,900円の買い物終了です。


と言っても、またすぐに折れるんだろうな…
ちなみに前のバットはちょうど3ヶ月前に購入。1日当たり87・8円ですよ。
1日当たりの意味がよくわかりませんが…
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。