左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DAM is wonderful!!~二瀬ダム~
滝沢ダムから車を走らせること15分、続いて二瀬ダムに到着。

この二瀬ダム、日本でも数少ない重力式アーチダムなのです。これは是非見ておきたいところ。

20071028225907.jpg
ブルーのゲートが眩しい堤体。

20071028225929.jpg
同じアーチ式でも、奈川渡ダムや矢木沢ダムのようにオーバーハングしていないのが分かります。

20071028225942.jpg
ダム湖側から。物凄いアーチっぷり。

20071028225956.jpg

20071028230011.jpg
同じくダム湖側からの堤体。ブルーのラジアルゲートが眩しい!

20071028230025.jpg
堤頂部から下流側を見下ろす。

20071028230037.jpg

20071028230049.jpg
ダム湖である秩父湖。超が付く渇水状態。

20071028230102.jpg
下流側。ちらほらと紅葉が…

20071028230119.jpg
ラジアルゲートのアップ。この距離で見れるのは嬉しい。

20071028230133.jpg
管理棟。

20071028230145.jpg
その奥にはトンネル。

20071028230156.jpg
トンネルを抜けるといきなり天端。1車線の片側交互通行。

20071028230213.jpg
放流中。水の勢いが凄い。


先の浦山ダム・滝沢ダムと違い、交通量や観光客が少なく(特に観光客は皆無)、奥まっていて非常にひっそりとした雰囲気でした。
日が暮れかかっていたこともあり、「哀愁漂うダム」という印象です。堤高は95mながら、巨大ダムにはない味があります。真冬に来てしんみりとするにはいいかも。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。