左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
目立たない「大事なこと」
今日見てきた秋季県大会で気になった(印象に残った)場面を2つ紹介します。

白熱した試合の中に見た、俺が書かずにいられなかった場面です。
ひとつはよくない話、もうひとつはいい話です。

・その1

まず「クロックワイズ・メカニクス」という言葉をご存知でしょうか?
審判用語なのですが、要は「時計回りに動く連携」という審判のフォーメーションのこと。

例を挙げましょう。
先頭打者が右中間を深々と破る打球を放ったとします。打者走者は1塁を蹴って2塁へ。そして思い切って3塁まで向かったとしましょう。
この時の審判4人のそれぞれの動き、分かります?

まず、打球を追うのは2塁塁審。これは問題ないでしょう。
すると2塁が空いてしまいます。この2塁をカバーするのが3塁塁審なんですね。3塁のライン上から急いで2塁に向かい、2塁上でのプレーに備えます。
今度は3塁が空きます。これは球審がカバーに入ります。
当然本塁のカバーは打者走者の1塁触塁を確認し終わった1塁塁審がカバーします。

つまり全員が時計回りに動くのです。
これ、以前まで2塁のカバーは打者走者を追いかけるように1塁塁審が入っていました。3塁塁審と球審はそのまま。反時計回り、いわゆる「カウンタークロックワイズ」です。
これが、近年「クロックワイズ」の導入によって動きが大きく変わったのです。


今日観戦した成田-東総工の試合で、こんな場面がありました。
走者1塁で打者(杉山)が右中間を破る打球を放ちました。2塁塁審は打球を追っていくのですが、何と1塁塁審が打者走者を追いかけるように2塁に向かったのです。まさにカウンタークロックワイズ。
3塁塁審はクロックワイズに従って2塁へ向かい、球審も3塁へ。2塁にはベースを挟んで2人の審判、本塁には審判がいないというとんでもない状況になったのです。

幸い1塁走者は悠々ホームインし、打者走者は2塁で止まった(タッチプレーはなく、余裕のスタンディングダブル)ので大事には至りませんでしたが、もし1塁走者の足が遅く、本塁でクロスプレーになっていたら…
また、2塁でタッチプレーが行われていたら…


先の甲子園決勝で、高校野球の審判技術向上の話が持ち上がりました。結果としては広陵・中井監督の失言ということになりましたが、審判に対する言及には賛成です。もちろんそれを公の場で発言することに問題はあるとは思いますが、確かにレベル的にマズい審判が多いのは事実。
ストライク・ボール、アウト・セーフの判断はまだしも、フォーメーションが確実に出来ないというのは問題外。

スタンドは東総工・杉山の3安打目に沸いていましたが、俺はプレー中に球審が慌てて1塁塁審に「本塁に入れ!」というゼスチャーをしていたのを見逃しませんでした。大いに反省して頂きたい。



・その2

野球は「思いやりのスポーツ」でもあります。
打者のバットを拾って渡す捕手、捕手のマスクを拾って渡す打者。
何気ない光景ですが、見ていて気持ちいいし、特に高校野球はこうあるべきだとも思います。

今日、秋津球場で思わず目を見張る場面がありました。
3アウトになってチェンジとなり、守備側は全員走ってベンチに戻るのですが、何とマウンド上でプレートの土を自分の手でキレイに掃い、ボールをそっと置いて(もしくは塁審に渡して)ベンチに戻るピッチャーがいたのです。


「二松沼南・小野澤駿一」


彼のこの行為は毎イニングです。当然、ベンチに戻るのは一番最後。心なしか、毎回最後にベンチに戻ってくる小野澤をナインは一際温かく迎えているように見えました。

彼ほどのマウンド上での礼儀正しさを、俺は他に知りません。
精神論になってしまいますが、マウンドは投手の神聖な場所。その頂点にあるプレートに対する敬意。相手投手に対する思いやり。
本人の意図は分かりませんが、俺はこの場面を見て何とも言えない気持ちになりましたね。「高校野球っていいな」と、再度思います。

通常、塁審がマウンドに来て刷毛で土を掃うのですが、その塁審も今日は少し驚いていたようです。
監督の指導なのか、本人の考え方なのかは分かりませんが、今日の秋津で最も印象深い場面でした。



ということで、折角球場に観戦に行くのなら、プレーだけでなく様々なところに目を凝らしてみるといいと思います。決して目立たない、色々な場面を見ることが出来ます。
一見何てことのないように思える、つい見逃しがちな光景こそ、実は物凄く大事なことだったりするものです。
コメント
この記事へのコメント
走者1塁でダイヤモンド内に位置した2塁塁審が外野への飛球を追うことはありません。この場合、1塁塁審が右中間への飛球を追い、2塁塁審は、打者走者の1塁の触塁の確認と1塁ランナーの2塁の触塁確認と2塁上でのプレイに備えるべき。中に入った2塁塁審が外野に動いてしまったことが、間違いです。
2007/09/25(火) 12:26:30 | URL | sus #-[ 編集]
>susさん
ご意見ありがとうございます。勉強になります。
自分自身、審判講習を受けたわけではないので、ついボロが出てしまいました(笑)

とにかく審判の方々には、最低限の仕事だけはして頂きたいものです。
2007/09/25(火) 22:16:51 | URL | くっきー #-[ 編集]
たまたま審判の経験があったものですから。でも、おっしゃられている通り、審判のレベルの低下は、情けなくなりますね。東京のブロック予選の審判なんて、審判の格好をしたタダのおじさんですから。
先日もホームがらあきというケースがありました。
2007/09/26(水) 09:14:23 | URL | sus #-[ 編集]
審判の経験がおありでしたか。道理で詳しいはずです(笑)

自分はプレーヤー一辺倒でしたが、その影には必ず審判がいました。
現役を引退して、初めて審判のことも考えるようになりましたね。

最近はよくない方で審判が目立ちすぎですよね。
職業としてではないのは分かりますが、何とかならないものですかねぇ…

今後も経験から来るコメントを戴ければ幸いです。
こちらも非常に勉強になります。
2007/09/26(水) 23:09:38 | URL | くっきー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。