左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DAM is wonderful!!~奈川渡ダム・矢木沢ダム~
えーと、野球と全く関係ありません。
突発的にエントリー書いてます。書いてますというか、全てが突発的。


完全に自己満足なんで、ロクな内容じゃありません。


実はですね、ダムを見に行ってきたんですよ。別に「実は」とか言うほどのことでもないんですが。
ダムって言ってもカラオケじゃないですよ。水を貯めたり水力発電したり、色々してるアレです。

意味分からないですよね。何でダム?
何ででしょうね。俺もよく分からんです。
ちょっと前にネットでダムの写真を見て、何か異様に惹かれたんです。何と言うか、「どうしようもないくらいの大自然と超巨大人工建造物の融合した風景」ですかね。

世の中にはダムマニアと呼ばれる方々がいらっしゃるようですが、ダム自体には全く興味はありません。まぁ、今回ちょっとだけ勉強しましたけど…
ダムの構造がどうとか、水力発電がどうとか、サッパリです。とにかくあの光景を生で見てみたい、という一心です。


で、夜中の2時に車で出発したわけです。ダムを見に夜中の2時に出発って…我ながらアホかと。

今回チョイスしたダムは、長野県にある奈川渡ダムと群馬県にある矢木沢ダム(いずれも財団法人日本ダム協会より)。
というか日本ダム協会とかあるんですね。世の中広いなぁ…

チョイスした理由としては、単純にネットで見た写真が印象的だったから。それだけ。あとアーチ式ダムの方が見た目的に惹かれたのも。


で、写真(例によって携帯で撮影)↓

20070814232712.jpg
まずは奈川渡ダム。朝5時半。何やってんだか…

20070814232802.jpg
とにかく155mの堤高(ダムの高さ)が凄い迫力。


20070814232815.jpg
もう一丁。写真だと分かりにくいですが、上に行くほど迫り出してます。断崖絶壁を超えてます。


20070814232829.jpg
下流を臨む。日の出直後です。気温17度、軽く寒い。

20070814232730.jpg
こちらはダム湖(ダムで堰き止めて出来た人工湖)。

20070814232744.jpg
ダムの上は国道158号。普通に交通量が多いです。

20070814232848.jpg
続いて矢木沢ダム。利根川水系最大規模を誇るそうです。

20070814232906.jpg
こちらも見事な堤体。建設者すげぇな…

20070814233020.jpg
堤体の裏側。湾曲してるのがよく分かります。

20070814233121.jpg
下流を望む。昼の1時くらいかな。

20070814233202.jpg
意外に?キレイな水。まぁ、そりゃそうだ。

20070814233100.jpg
ダムの水を放流する時はこのゲートが開くらしい。

20070814233216.jpg
ゲートの裏側(下流側)より。

20070814233042.jpg
放流された大量の水はこの水路を流れて下流へ。ちなみに水路の幅は10m以上ありましたね。

20070814233005.jpg
ダム湖。自然は偉大なり…
水不足にならなくてよかった。

20070814233232.jpg
木陰から姿を見せる堤体。利根川水系最強を誇るオーラが漂います。


まぁ、こんな感じです。
というかダムを見に行くのって大変なんですね。山道を延々走るわけで、決して楽じゃないです。
ただ、走行中の景色はもう大自然ですし、辿り着いた時の充実感は結構あります。ガソリンはメチャクチャ食いますけど。

とてつもないほどの大自然と、そこにムリヤリ割って入った人間の技術力。自然の凄さと人間の凄さを同時に体感できましたね。
また気が向いたら出掛けようかと思います。


ちなみに今日1日の走行距離は約800km(何故か最後に宇都宮に寄った)。やりすぎだろ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。