左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秋季千葉県高校野球大会予選、組合せ決まる
ブロック予選組合せ(千葉県高野連)


つい数日前まで熱戦が繰り広げられていた夏の戦国千葉。見事に市立船橋が「復活優勝」を遂げましたが、その裏では7月で夏を終えた高校が既に秋へと始動しています。

夏を経験した1,2年生が多いチーム、全くの新メンバーで戦うチーム、顔ぶれは様々だと思います。参加校はブロック予選免除の市立船橋を含めて173校。正直言って予想なんてできたもんじゃありません。

ただ、去年の千葉経大附、一昨年の成田と千葉勢は2年連続で秋の関東を制しています。秋から激戦必至ですよ。


今年は結構バラけたんじゃないでしょうか。去年は↓みたいなのがありましたけど。
20060906215932.jpg


1回戦の注目カードとしては、鎌ヶ谷-千葉日大一、市川南-専修大松戸、流経大柏-市立柏、中央学院-八千代松陰、茂原樟揚-安房、君津商-袖ヶ浦といったところでしょうか。

今夏のベスト8勢で見ると、東総工は代表決定戦での対戦が濃厚な千葉黎明、拓大紅陵は同じく東海大望洋、千葉敬愛は同じく沼南との激戦が予想されます。東海大浦安と木更津総合は比較的安泰の組合せか。


という予想が全く意味を成さないのが秋季大会。だから面白いんですけどね。

逸材揃いだった今夏が終わり、新たな逸材を見つけるという楽しさ。待ちきれませんよ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。