左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴロもいいけど、フライもいいよね
フライを捕りたい。


あ、いや、フライが捕れないという意味ではなく、単純にフライを捕るのが好きなんです。

20余年の野球暦の中で、基本的には内野しかやったことがありません。1回だけ守ったことがあるライトは、初めて出場した中学時代の練習試合のみ(2年の時)。しかも最終回の守備だけの出場。
ライトには打球は飛んでこず、今のところそれが最初で最後の外野での出場です。というか、当時は2年で試合に出れるということが胸を張れる野球部だったので、守備固め(別に固めてないけど)だけでも嬉しかった記憶しかありません。


内野人間の俺は、基本的にフライやライナーよりもゴロを処理する機会の方が圧倒的に多い。
もちろんゴロ大好き。最近は高いバウンドのゴロを「ギリギリの捕球ポジション」までダッシュしてシングルハンドキャッチというのにハマッてます。球足の速いゴロはあまり動かなくても捌くのが簡単ですから、最近は魅力半減。今はショートをやることが多いので、「動かなくてはアウトに出来ないゴロ」が多くていいですね。


で、フライ。
内野のフライは、何と言うか…非常につまらない。バッティング練習で外野を守る時に捕るフライの方が圧倒的に面白い。
上手く言い表せないんですが、バットに当たった瞬間から落下地点までの距離・滞空時間が長いフライの方が捕り甲斐があるんですよ。別にダッシュしてランニングキャッチするようなフライでなくても構いません。

バッターが打った瞬間からグラブに収まるまでの「打球の軌道」を眺めるのが結構好きなんですよ。眺めると言っても、捕球するために動いたり打球を目で追ったりするわけで、「眺める」という言い方はおかしいんですが、感覚としては何10メートルも先からあっという間に自分のところまで来るあの「空白の時間」がたまらん。


ということで、機会があったら外野で使ってください>3チームの監督
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。