左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ショートを守りたいのなら…
「守備が上手い」


こう一言で言っても、その判断基準は色々ありますよね。グラブ捌き、肩の強さ、守備位置の判断…あぁ、難しい打球を難なく捌くとか、抜けそうな打球も正面で捕るとかもあるんでしょうかね。

まぁ、全部正解です。
と言っても、俺の判断基準はちょっと違いますけどね。


言葉にすると「難しいバウンドを簡単なバウンドにする」というのが俺の一番の判断基準。早い話が「足の運び」「フットワーク」です。


「簡単なバウンドにする」とはどういうことか。

少しでもバウンドしているゴロは「バウンドの跳ね際(ショートバウンド)」「跳ね途中(ハーフバウンド)」「頂点付近」「落下途中」「落ち際」と、常に動いているわけです。

で、この一連のボールの動きの中で捕球しやすいポイントはどこでしょう?
「頂点付近」「落下途中」がそれに当たります。次に「落ち際」、「跳ね際(ショートバウンド)」と続き、一番捕球しにくいのが「跳ね途中(ハーフバウンド)」です。


プロ野球選手が滅多にエラーをしないのは、もちろん捕球技術のレベルが高いということが大前提としてありますが、「より捕りやすいポイント」で捕球しているからなんですね。
プロ選手だって全部のゴロをハーフバウンドで捕球しようとすれば、いくら捕球技術が高いといってもエラーの確率が高くなります。

つまり「簡単な捕球ポイント」まで最短で、より速く入ることが捕球の確率を高めているのです。
そして、それにはバットとボールが当たった瞬間に「最も簡単な捕球ポイント」を見極める判断力と観察力が必要となります。守備が上手い人は、その判断力と観察力に非常に優れていると思われます。

ですから、守備が上手い選手が簡単なバウンドで捕球している場面では、「簡単なバウンドが来ている」のではなく「簡単なバウンドにしている」ケースが結構あったりします。まさに数メートルの範囲での動きが明暗を分けるのです。繰り返しますが、重要なのは「捕球の場面」ではなく「捕球までの動き」です(もちろん捕球動作も重要ですけどね)。

高校野球のシートノックを見るとわかりやすいですね。特に強豪校とそうでな高校が対戦する時、明確に実力差が分かるのがシートノック。ポロポロやるチームは特に足が動いていない。捕球姿勢は腰が低く、基本に忠実という風に見えるのですが、どんなにお手本のような捕球姿勢でも難しいバウンドにしてしまっては捕球が困難になるのです。


この考えが一番当てはまるポジションはショートでしょう。内野の中で一番打者から遠く、バウンドも一番多い。そしてファーストへも一番遠いため、肩の強さよりも足捌きがモノを言います。
「ゴロは足で捕る」という言葉が昔よくありましたが、もし「ショートをやってみたい」と思っている人がいれば、この言葉が全てだと思ってください。
ですから、深く守るショートというのは肩が強いからではなく、「簡単な捕球ポイントを見極める判断力と観察力が高く、且つそれを実行できる足捌きができる」からなのです。
それができなければ、浅く守るほかありません。


もちろん打球が弱かったり、打者走者が俊足だったり、1点もやれないバックホームのシフト(特にタッチプレーの場合)だったり、場面によっては「捕りにくいポイント」で捕球しに行かなくてはいけないこともあります。これは完全に捕球技術によるもの。

また、前に出なければいけない打球を「待って簡単なバウンドにする」というのも違います。あくまで「最も速く、簡単に捕球できるポイント」というのが大前提です。


あぁ、余談ですが、俺は「正面で捕る」ことが善だとは思いません。もちろん正面で捕ることが基本ですが、正面で捕ることが逆に捕球しにくい状況を生むこともあります。
俺はどうしても癖で正面に入ってしまいますが、「敢えて正面に入らない」という考え方をもっと広めるべきだと思います。「正面で捕れ」「身体で止めろ」という考え方はあくまで基本であって、それが固定観念になってしますと守備の上達を妨げることにもなります。
派手なプレーだって、実は捕球ポイントを的確に判断して最短で入っているという事実を見逃してはいけません。



プロ野球選手の華麗なグラブ捌きに魅了されるのもいいですが、その陰に隠れた「瞬時の判断と華麗な足捌き」にも注目してみると、もっと守備の面白さが発見できるのではないかな、と思います。
コメント
この記事へのコメント
「塀内がショートの時にエラーが多いのは、初動の遅さと鈍足の所為でわざわざ小難しいバウンドにしてるからだ」と思っている私には、とても分かりやすいエントリーでした。
2007/05/29(火) 01:21:06 | URL | ヤヨイ #JUGsyThY[ 編集]
>ヤヨイさん
どうも。
まぁ塀内のことはよく分かりませんが、「鈍足の所為」は狭い範囲での動きが遅いということなんでしょう。

守備(特に内野)に求められるのは1~3mの速さ。
話はズレますが、「守備範囲が広い」というのは、1mを動く速さとその判断力の延長なわけです。
2007/05/30(水) 22:28:46 | URL | くっきー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。