左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【千葉県春季大会】夏季大会各シード決定
組合せ・結果(千葉県高野連)


38度の熱を出しながらも本決算最終日に仕事をしていた28日、その影響で1日中寝込んでいた今日29日という、俺にとっては最悪の2日間でしたが、その間に夏の各シードが決定しました。

【Aシード】
木更津総合、銚子商、東総工、千葉経大附

【Bシード】
拓大紅陵、成田、志学館、千葉明徳

【Cシード】
若松、流経大柏、袖ヶ浦、千葉商大付、東海大望洋、市立船橋、敬愛学園、東海大浦安


何度も書いていますが、夏のシードなど単なる目安に過ぎないわけですが、それでもAシードの東総工、近年安定した力を発揮しているBシードの千葉明徳、今大会の台風の目となったCシードの袖ヶ浦あたりは楽しみな存在です。
あとシードには届かなかったものの、学館船橋を撃破し、木更津総合に善戦した松戸六実も千葉県特有の夏を掻き回す「公立台風」になりそうです。


さて、5月3日に天台で木更津総合-銚子商、東総工-千葉経大附の準決勝が行なわれ、各勝者は神奈川で開催される関東大会に参加します。
注目はやはり2試合目でしょうか。センバツ帰りの千葉経大附はなかなか調子が戻らないという噂もあり、今千葉で一番勢いがあると言っても過言ではない東総工が王者を食うかどうか、非常に楽しみです。



まぁ、千葉経大附がベストメンバーで臨む(臨める)かどうかは分かりませんがね…
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。