左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あの名将が母校へ「復活」…!
センバツ真っ最中の高校野球界ですが、非常に気になるニュースが飛び込んできました。いや、気になるのは俺だけかもしれませんが…


3月28日の読売新聞朝刊に、千葉県の教職員異動一覧が掲載されていました。その中で見つけたのがコレ↓
20070329003017.jpg

そう、何とあの小林徹氏が母校に転任となったのです。と言っても、ウワサだけは聞いていましたが…

もうご存知の方も多いでしょうが、小林氏は習志野高時代の1980年に投手として甲子園に出場しています。
市立船橋の監督時代には「戦国千葉」と称される千葉県の高校野球界に於いて、唯一の3連覇という偉業を成し遂げており、名実共に千葉を代表する「名将」として知られています。

経緯は分かりませんが、その後は松戸南(野球部はなし)で教員をやられていたとのことですが、この度母校への「復活」となったのです。


この小林氏の異動は、千葉の高校野球界にも大きな影響を及ぼすと思います。かつて最強の名を欲しいままにした市立船橋時代のことを考えれば、頂点に君臨する千葉経大附を始めとした現在の勢力図が変わるかもしれません。
以前から書いているように、高校野球に於いて監督の存在はそのくらい大きいのです。
聞くところによると、春までは現部長の加藤氏が率い、その後小林氏にバトンタッチされるようです。


一方、2000年から習志野高野球部を率いてきた椎名監督は…↓
20070329003030.jpg

何と習志野市内の中学校の教頭という形で異動です。超個人的な意見としては、物凄く残念です…


指導のプロ 母校復活へ(読売)

以前掲載された記事ですが、中学時代、椎名監督に教わりながら「この人は絶対習高で監督をやるべきだ」と思っていました。2001年に14年振りの甲子園へ導きましたが、志し半ばだったのかな、とも感じてしまいます。


前監督の石井好博氏の異動の際には色々とゴタゴタがあったのですが、今回は俺の知る由もありません。
ただ一言、小林氏には「地元民が誇れる習高」を築いて欲しい。心底そう思います。



椎名監督は中学校で再び野球部を指導するのでしょうか…?小嶺氏(元・国見高サッカー部監督)みたいな感じになったら、それはそれで楽しみです。
コメント
この記事へのコメント
私も気になります!
ご無沙汰しています。
私のブログへも「椎名監督 異動 習志野」などの検索語での訪問者が増え、「もしや」と思っておりました。

後任は小林さんですか。実績的にも申し分ないので、きっと良い結果を出してくれると思います。

椎名監督は教頭になっちゃったら、もう野球から離れてしまうんでしょうか?ちょっと寂しいですね。
2007/04/08(日) 20:05:46 | URL | まーきん。 #-[ 編集]
>まーきん。さん

どうもご無沙汰です。

まぁ、俺も最初の一報(噂)を聞いた時は「まさか…」でした。

椎名さんには野球に携わり続けてほしいですが、教頭という立場や多忙なことを考えると、難しいかもしれませんね。

ホント、この上なく寂しいです。
自分の青春が終わりを告げたようで…
2007/04/09(月) 20:07:21 | URL | くっきー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
昨日、我が神奈川県代表の日大藤沢高校が甲子園に向け、出発したと新聞の記事に載っていた。そうか…、もう高校野球のシーズンか。。。昔は高校野球にかなり高い感心を持っていたが、最近はさっぱりだな…。日大藤沢が選抜に出場するもの、初めて知ったしな。。。・・・そう
2007/03/30(金) 00:12:45 | 徒然なるままに…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。