左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
反面教師にすべき試合
まぁ、多くは語りませんが…
最も期待していた唐川擁する成田が広陵に敗れました。


スコア・試合経過(毎日)


一言で言うと、「ミスというミスが全部出た」試合でしたね。
いや、打てなかったりエラーしたりというのはさほど重要ではありません。もちろん成田の敗因は最後の一打が出なかったことですが、それ以上に痛かったのが走塁ミス。

フライ・ライナーに飛び出してしまったゲッツーが3つ。牽制死1つ。バント空振り→キャッチャーからの牽制死1つ。バント失敗もありました。


とにかくこれでは勝てません。いくら唐川が悪いなりに踏ん張っていても、走塁ミスというのは貧打よりもダメージが大きいものです。

甲子園という舞台に舞い上がってしまったのでしょうか。昨秋の成田からは想像も出来ないようなプレーの連続でした。

送りバントは一発で、そして塁に出たら常に「走塁の準備」を。走塁ミスは命取りになるということがあまりにも端的に表れた試合でした。
打たせてゲッツーを取ることと、相手の走塁ミスでアウトを取ること。守る方がどちらが楽かは明白です。


唐川は明らかにおかしかったですね。直前の練習試合で爪を割ったことが影響していたのでしょうか。ストレートは全て高めに浮き、シュート回転。スライダーは高めに浮くか引っ掛かって外れるか。外角低めにストレートを投げ込む高い「原点能力」を持っている、俺の知っている唐川はそこにいませんでした。

5回表、連打から0死1,2塁となった初球にやられたダブルスチールが象徴だったかなと。もともとモーションが大きい投手ですが、連打から4番バッターの初球に走られたところに「唐川の余裕のなさ」と「広陵のいつも通りの野球」が垣間見えました。
終始笑顔だった唐川でしたが、もしかしたらその「調子の悪さ」と「普通ではない精神状態」があの笑顔を生んだのかもしれません。


何はともあれ、とにかく残念な試合でした。

しかし仙台育英が倒れ、報徳学園が倒れ、成田が倒れ…
好投手が消えていくのは寂しいですが、今大会みたいな「波乱」の連続(広陵は波乱じゃないですが)は高校野球の醍醐味ですね。今日の時点でベスト4の予想が外れた方が結構いるんじゃないでしょうかね。
コメント
この記事へのコメント
ちょっと時期を逸したレスですが・・・。

成田の試合はほんと唐川おかしかったですね。そんな中でも良く踏ん張って投げていましたが、走塁のミスはいけません。バントミスは唐川自身のものもありましたけど、あれは割れた爪が気になって、バットをちゃんと出せなかったからなのかも知れないですね。
でも、どっかのプロ野球チームみたいな、つまらんミスをしていては、野球そのものが壊れちゃいますから、今回の成田の敗戦は、悔しいよりも、「どうしたんだろう」って言うのが先に立っちゃいました。

ちなみに今年は何試合か見た時点で、熊工の優勝を予想してしまった私です。撃沈。
2007/04/08(日) 20:15:47 | URL | まーきん。 #-[ 編集]
>まーきん。さん

成田は本当に「どうしたんだ?」って感じでしたね。
もちろん打力不足という実力負けの部分が大きいですが、それよりも「らしくないプレー」の連続でしたね。
昨秋の県大会からは想像もできない場面が多すぎました。

まだまだ全国で通用するチームではないということでしょう(実力面も精神面も)。残り3ヶ月に期待したいですね。

あぁ、俺は大会前は大阪桐蔭、試合を見てからは帝京かなと思いました。ベタですね。
2007/04/09(月) 20:11:37 | URL | くっきー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。