左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
積極的走塁って?
原巨人は『走る軍団』!伊原コーチが“聖域なき走塁改革”着手(サンスポ)


いや、別に巨人のネタを挙げたことには何の意味もないんですけど。もちろん伊原コーチのことでもありません。

巷で流行しつつある(してないけど)「積極的走塁」。でも紙面やニュースを見ると何か違う意味で捉えられているのかなー、なんて思ったり。別に今に始まったことでもないんですけど。


「積極的走塁」というと盗塁とか、単打性の当たりでも2塁を狙うとか、ランナー2塁の場面ではヒットではドンドン突っ込ませるとか、要は「常に先の塁を狙う」ということがその内容だと思うんですね。

それ自体は間違っていないし、素晴らしいことです。ただ、闇雲に先の塁を狙うことだけが積極的走塁ではないはず。例えば「積極的なストップ」だって積極的走塁です。行くことも勇気ですが、行かない(止める)こともまた勇気です。


ちょっと話はズレますが、ランナーコーチの役割について『「ホントのウソ」の野球論』で以下のように書かれています。

 基本的にコーチャーの役目は、腕を振り回して走者を進塁させることよりも、無理な走塁でアウトカウントを相手に与えることを絶対させないための〝ストップ〟をすることです。
 走者は常に次の塁を狙うべきであり、そのためにも自分の目で確かめることが重要です。
 どのような方向の打球でも、走者は自分の目で見て走塁をするというのがわたしの考えです。


例として、1塁ランナーの背後(ライト)への打球についての判断が挙げられています。1塁ランナーが2塁を回る際に、3塁コーチャーの指示だけではなく、あくまで「自分の目で見て」判断することが重要である、と。

実を言うと、俺も現役時代は「2塁を回る時はその直前に3塁コーチャーを見て、その指示に従う」と教わりました。というかほとんどの指導者がそう教えていると思います。

著書の小野平氏はとにかく「ランナーは自分の目で見て判断することが重要」と言っています。無論、コーチャーの判断や指示を蔑ろにするわけではないですが、「自分の目で得た情報ほど確かで信用できるものはない」ということです。


話を戻しましょう。
冒頭に挙げた「積極的走塁」ですが、実際に走ることやその意識よりも、要は「自分の目で判断すること」をより意識することなのかな、と。監督のサインやランナーコーチの判断や指示で動いているうちはまったく積極的とは言えないでしょう。

そして重要なのは、「自分の目で判断する」ということは「判断するための準備をする」ということ。

プロ野球の試合なんかで、塁上にいるランナーが外野手を指差しして何かを確認している光景を見たことはありませんか?無論、これは外野手の守備位置を確認しているわけですが、この準備動作があって初めて打球が飛んだ時に「自分の目で判断する」ことが可能になるわけです。

キチンとやっている選手であれば、出塁した時や進塁した時は1球毎に確認をしています。俺も草野球でもつい癖でやってますけど(さすがに毎球ではないが)。

で、この「指差し確認」がまた重要だったりします。
目で見るだけよりも効果的なんですね。何か科学的な実験による証明もされているみたいですけど、記憶に残る度合いが違ってくるのはみなさんお分かりかと思います。

指差しによる外野手の位置確認は一例で、イニング、点差、アウトカウント、ボールカウント、野手の位置、野手の肩の強さ(守備力)、雨であればグラウンド状態、そして自分の脚力。これらは1球毎に変わっていきます。これらをすべて頭に叩き込んで初めて「判断の準備」が完了するわけです。


走塁の基本は「常に自分の目で判断すること」。次の塁を狙うのも全てはここから始まります。ランナーコーチが主役になることはほとんどないのです。


「現在の状況を把握し、次に何が起こるのかを考え、何が起こってもいいように常に準備をする」こと。これが全てであり、「積極的走塁」というのもこの延長線上だと思います。ですから、自分の目で判断してストップすることも「積極的走塁」の一環だと思うのです。

準備が出来ていない選手、または今まで準備をあまりしたことがなかった選手に「積極的走塁」を掲げてもモノにはなりません。結果として盗塁数や得点力が上がったとしても、それは選手個人の「走塁力」が上がったわけではなく、あくまでもベンチのサインやコーチャーの指示で結果が生まれたに過ぎない。
恐らく伊原コーチはこの部分の改革に乗り出しているのだと思います。「走る意識」というのもそういうことだと思いますし。


前回のエントリーに書いたカットプレーよりも、見る方としては分かりにくい部分ですが…
まぁ、「こういう見方もあるよ」ってことで。
コメント
この記事へのコメント
いつものことながら勉強になります。
全力疾走に夢中になって外野からどこまでボールが帰ってきてるのか。走塁中に自分で確認して、自分の脚力と相談して次に行くか判断しないといけませんね。思い当たる節がありますよorz
2007/02/26(月) 21:49:22 | URL | jun#14 #-[ 編集]
>junさん
まぁ、ぶっちゃけ言うと「どこに、どのくらいの強さの打球が行ったか」と「野手の守備位置」である程度の予測判断はできてしまうんですね。
これは経験を積めば必ず分かってきます。プロ野球の試合を観戦していてそれが分かるように。

「走塁にスランプはない」と言いますが、走塁の判断ほど経験が必要な技術はありません。陸上選手が走塁上手いわけじゃないですしね。だから面白いんですよ。

打撃と違って走塁は経験すればするほど上手くなります。そしてチームの勝利に確実に貢献できるプレーですね。
2007/02/27(火) 00:46:45 | URL | くっきー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。