左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全力投球を取り戻せ
かつての自分を唯一羨ましく思い、且つ今の自分に寂しさと歯痒さを覚える瞬間。


「全力投球ができない」


10年前までは硬球をガンガン投げていたのに、右肩が崩壊した今は全力で投げることが叶わない。


20歳の頃ですかねぇ。
草野球の試合中、サードからファーストに送球した際、激痛と共に右肩が抜けそうな感覚を覚えたんです。現役時代、肘はしょっちゅう痛んでいましたが(むしろ痛くないと調子がでない)、肩に痛みを覚えたのは初めてでした。

それからは全力で投げると肩が抜けそうな感覚と激痛が走るようになりましたね。全力投球は1日に1回だけ(以後投げれない)、しかも中2週間くらいの間隔。


野球をやっていた人なら絶対に共感できると思うんですが、全力で投げられないことほど歯痒いことはないはずです。山なりのボールより、かつてのように地を這うようなボールを投げたい。
今、草野球をやっていて物凄い楽しいんですが、唯一楽しくない瞬間が全力で投げられない(正確に言うと、全力で投げようと思っても身体が無意識のうちに拒否反応を起こす)瞬間。

これだけ長く野球をやっていれば「肩に負担を掛けない投げ方」「肩を使わない投げ方」くらいは分かっていますが、たかが知れたスピードと距離です。まぁ、肩が崩壊したお陰で身体全体を使った投げ方になってきたという、功罪の唯一の「功」というのはありますが。逆に言えば現役時代は如何に地肩に頼ってきたか、ということでもありますね。


肩を痛めてからは「別にもう現役じゃねーし、この感覚からしてもう治りそうもねーやアハハ」などと強がっている一方で、草野球をしていると物凄く寂しい気持ちになったり。


で、とうとう一念発起。
全力投球を取り戻します!
やっぱり思い切り投げたいもんね。今の俺にとって、野球に関してこの欲求に勝るものはないですよ。

早速某大手ディスカウントショップで↓を購入。
20070103005919.jpg

トレーニングチューブというヤツですね。


いやぁ、現役時代は外的な怪我しか経験がないんで、こういう地道なトレーニングは初めてです。インナーマッスル鍛えるしか道はないと思いましてね。
ネットで調べながら先程実践してみましたが、初めての感覚ですよ。筋肉の内部に負荷が掛かるというのが実感できます。非常に地道ですが、チューブと戯れながらあの頃の肩に戻せるように頑張ってみようと思います。我ながら「現役でもないのに何やってんだか」状態ですが。


というか、コレが2,000円以上するってどういうことよ?
コメント
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。

このチューブって自転車用じゃダメなんですかね?
ちょっとググってみたら1000円以下で買えるようですが…。
2007/01/03(水) 22:51:47 | URL | さとみ #-[ 編集]
>さとみさん
こちらこそよろしくどうぞー。

えーと、自転車のチューブで問題なしです。
もっと安いところがあったであろうことも理解済みです。

ただ、すぐ実行したかったんですわ。「明日買いに行こう」とかじゃなくて、すぐに。
となると、正月の深夜で買える店といったらひとつしかありません。

この際価格は関係ありませんでした。
新年早々上記エントリーの想いが沸いてきたということは、すぐにやらなきゃイカンだろうと。そしてやるべきだと。そう思ったんで。

要はそういうことです。
2007/01/03(水) 23:50:55 | URL | くっきー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
草野球をやっていて、ここ最近よく耳にするのが 肩が痛いとか、肘が痛いって事です。 野球をやるすべての選手の最大の故障ですよね。 私は中学までしか本格的に野球をやっていなかったので、 今はまだこのような症状に悩ませれる事はないのですが、 肩や肘が痛くなって野
2007/03/18(日) 01:54:58 | 草野球最高!【北ラッキーラッキーBLOG】
こんなものもありますよ。ぜひお越しください!
2007/06/16(土) 17:13:16 | cacchao.net
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。