左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「170メートル弾報道」に想う
怪物中田のアーチ訂正/6日の紙面から(ニッカン)


まぁ、高校生が放ったホームランの飛距離が話題になることも然ることながら、それを県高野連が衛星写真を使ってまで再計測し、それをまた話題にすることにちょっとした違和感があります。


確かに中田翔は凄い。高校生レベルでは群を抜いていると言っていいと思います。それは誰もが認めるところでしょう。
ただ、彼の放ったホームランの飛距離をここまで話題にすることはちょっと違うと思うのです。確かに飛距離を話題にすることで中田の評価はまた上がり、彼の実力を示す物差しにはなります。

しかし、「飛ばすこと」が最重要になってしまうのが恐い。中田が、ではありません。高校野球が「飛ばすこと」ありきになってしまうのが恐いのです。
そして忘れてはいけません。高校野球は「金属バットを使用している」ということを。その金属バットは、ボールを簡単に飛ばすことができる道具ということも。


金属バットを廃止しろなどと言う気は毛頭ありません。俺も金属バットで育ってきた人間(小学校時代は木製でしたが)です。
ただ、マスコミが囃し立てれば囃し立てるほど、その金属バットの「恩恵」が薄らいでいくような気がするのです。「恩恵」に気付かずに飛ばすことに夢中になれば、そのしっぺ返しは大きいものとなるでしょう。


繰り返しますが、中田は凄いです。この特大弾も彼自身の実力であり、このニュースも彼自身の実力を示すものです。中田だけに限れば、このニュースは全く問題ないと思います。
ただ、このニュースが「高校野球にとって」マイナスにならないことを、その温床にならないことを、そして全ては俺の杞憂であったことを願うばかりです…
コメント
この記事へのコメント
ものすごく基本的な質問なんだけど、どうして高校では金属バットを使うの?木製じゃいけないの?
2006/11/06(月) 08:57:13 | URL | ヤヨイ #JUGsyThY[ 編集]
>ヤヨイさん
えーと、まず「金属バットじゃないとダメ」ということはありません。高校野球でも木製バットは普通に使えます。
というか元々木製でした。1974年に金属バットが導入されたようです。

次に理由ですが、一言で言うと「利便性」です。木製バットのように折れないので、経済的なメリットが大きいです。
また、飛距離(反発力)や芯の範囲が広いなど、木製の機能性よりも優れているため、経済的な理由と共に一石二鳥なわけですね。

もちろん中学でも金属(硬軟問わず)がほとんどです。理由は同じ。

小4の時、初めて親父に買ってもらったバットは木製だったんですが、中学に進むと当たり前のように金属でした。俺自身、そこには何の疑問もありませんでしたね。「プロ以外は金属(当時は大学・社会人も金属だった)」というのが至極当然でしたから。

恐らく今の高校生も俺と同じでしょう。そこに「金属バットの恩恵」という方が間違いなのかもしれませんけど…

ただ、とうとう高校野球も来るところまで来た感があります。「議論をする」ことは必要なのかもしれません。
2006/11/06(月) 21:05:25 | URL | くっきー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。