左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【秋季関東大会】千葉経大附、センバツ濃厚!成田連覇ならず…
試合結果(スポニチ)
桐生一、日藤などが4強/秋季高校野球(ニッカン)


千葉経大附がセンバツ出場を濃厚にしました。1回戦に続き、4本塁打の猛打で明秀日立を圧倒。特に7回表には丸、大島、斉藤のクリーンアップ3者連続ホームランというとんでもない破壊力を披露。大島はこの日2本目のホームランで、千葉県大会決勝で成田・唐川のストレートを完璧に捕らえた2ベースはやはり本物でしたね。
先発はまたも丸。もうエースみたいな感じです。まるで2000年の東海大浦安・浜名のようですね。
ちなみに県大会では1番・丸、3番・松本という打線でしたが、関東大会ではこの2人を入れ替えているようです。というか最初からそうしろと。


一方の成田は関東連覇が消え、2年連続センバツ出場が極めて難しくなりました…
1回戦の完投から連投となった唐川ですが、終盤から佐野日大打線に捕まったようです。県大会から打線で勝ってきたチームではないだけに、エース唐川が打たれるとかなり厳しい。打線強化が今後のカギとなりそうです。

センバツ出場の望みがあるとすれば、まず大前提として「関東5校・東京1校」となる必要があります。要はその5校目にならないといけないわけですね。
関東大会優勝校が明治神宮大会で優勝し、その優勝校の地区に与えられる「神宮枠」に選ばれるか、もしくは「希望枠」に選ばれるか。その2つの枠ですら、桐光学園(神奈川1位)を破った都留(山梨2位、準々決勝で桐生第一に惜敗)の方が本命でしょう。もしくは千葉経大附と成田を下した佐野日大が決勝に進んだ時の考慮か。
つまり東京2位の桜美林、都留、そして他校の今後の結果次第となるわけです。確率はかなり低いです…


佐野日大、日大藤沢、桐生第一、千葉経大附の関東代表は堅いでしょう。
ただ正直なところ、神宮で、そしてセンバツで唐川を見たかったです。そして千葉では初となるセンバツアベック出場の実現を見たかった。軽く唐川ショックです。


それはそうと、11月11日(土)から明治神宮大会が開催されます。各地区の秋季大会優勝10校が出場し、さながら「秋のミニ甲子園」とでもいったところでしょうか。一足早く全国レベルの試合を見れるので、時間のある方はぜひ神宮に足を運んでみてはいかがでしょう?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。