左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秋季大会準々決勝 於・県野球場
9月の下旬に思わぬ日焼けです。元々色白なんで日焼けはかなり辛いんですが、高校野球観戦での日焼けならそれもまた良し、です。

千葉県高校野球秋季大会も準々決勝。県野球場では成田-長生、千葉日大一-東海大望洋が、市原臨海では銚子商-若松、千葉経大附-木更津総合がベスト4を懸けて激突です。

いや、ぶっちゃけカード的には絶対的に市原臨海なんですが…遠いよ。
ということで無難に天台での観戦をチョイス。秋季大会にも拘わらず、スタンドは結構な客入りでした(その内3割程は他校の偵察ですが)。どうやら市原臨海も相当な入りだったようです。

2試合見た感想をサックリと↓

成田 351 10│10
長生 000 00│ 0
(5回コールド)

(成)川村-西田
(長)斎藤-畠山
本塁打(成)1回川村3


まぁ順当です。
一昨日市立柏を完封した唐川は温存。とはいえ、先発の川村がまたいいですね。球速は130km/h前半でしょうか。無理のない綺麗なフォームから伸びのあるストレートが印象的。エース唐川との2枚看板なんでしょう。その割りにキャッチャーがイマイチ(捕球時にミットが動くし、送球も甘い)だなーと思っていたのですが、西田は夏まではショートだったので新チームではコンバートされたということでしょう。
まぁ唐川は別格としても、このクラスのピッチャーがエース以外にもいるというのは強豪校の証。連戦が続くとその強みが出ますからね。秋連覇、2年連続センバツ出場の本命というのは間違いないでしょう。

ただ残念だったのが、2回のランダウンプレーのミス。2死1,3塁でキャッチャーから1塁への牽制球にランナーが戻れずに挟まれるのですが、やはり内野手のダッシュが甘く、3塁ランナーに気をとられているうちにランナーは2塁へ到達。牽制でチェンジが2死2,3塁となってしまいました。
先日の市立柏-千葉商でも触れましたが、両チーム2つのエラーにランダウンプレーのミス。エラーは仕方ないにしても、ランダウンプレーは練習ですぐに修正できるプレーです。県大会の上位対決や関東、甲子園に出ればこういうミスは許されません。結構ランダウンプレーの練習ってないがしろにされてるんですかねぇ…非常に大事なんですけどね。


東海大望洋 101 030 25│12
千葉日大一 001 000 00│ 1
(8回コールド)

(望)石田、斎藤-田村
(千)飯田、土橋、工藤、遠藤-橋口
本塁打(望)1回石田1


このカードでコールドですかぁー!?と言わんばかりの意外な結果。望洋・飯田、千葉日大一・石田という好投手の投げあいが予想されたのですが、初回の石田のホームランで全てが狂ったようです。
飯田は左サイドから角度のあるストレート(130km/h中盤くらい?)を右打者の内角に投げ込むタイプと見ていますが、内角に要求したストレートが真ん中に入ってしまい石田に痛打されます。結局この後、厳しい内角ストレートが投げられなくなり、石田には2四球。内角に投げようとした結果が3死球。単なる先制打としてではなく、試合を決める一打になってしまいました。

ただ、望洋が並べた6人の左打者に対しては結構抑えていました。5番の重田には捕らえられていましたが、それ以外は左打者の内角ストレートでグシャグシャに詰まらせていましたし。鋭い変化球が欲しいのも事実ですが、とにかく右打者の膝元へのストレートが生命線だと思います。それだけに、初回の石田へのコントロールミスが悔やまれます。

それにしても両チームのスタメン18人中12人が左バッターというメンバーは初めて見たかもしれません。「左対左」といっても、高校野球では圧倒的に右バッターが多いわけで、逆にこれほどの左打線も飯田は経験がないでしょう。これはこれで望洋はなかなか恐ろしい打線です。
それと千葉日大一・橋口も噂どおりのバッター。愛嬌のある体格ですが、動きも軽くバットスイングも鋭い。今日は無安打でしたが、打球の速さは群を抜いていました。他にも千葉日大一・櫻井、望洋・重田、石田と好打者も多いですね。


ちなみに市原臨海は銚子商4-2若松、千葉経大附9-7木更津総合という結果。若松の平川投手見たかったなぁ…

これで30日の準決勝(県野球場)は成田-東海大望洋、銚子商-千葉経大附というカードとなりました。成田・唐川と望洋の左打線、甲子園メンバーが多く残る千葉経大附に注目です。成田と千葉経大附の関東大会行きが予想されますが、さてどうなることやら。30日の天台は混雑必至ですよ。
コメント
この記事へのコメント
飯田君
左投手への決め球の変化球と、メンタル面という課題がはっきりした意味では収穫だったのではないでしょうかね。

来年夏には頼もしいエースに成長してくれることを期待しています。

そういえば、最後5番手?で登板した日大一1年生の遠藤君は「めざせ那須野」って感じで野球小僧にも取り上げられてましたね。
2006/09/25(月) 23:05:42 | URL | wall #6/PrHVm2[ 編集]
>wallさん
どうも。
色々ネットで見てみると、普段はあそこまで荒れないそうです。楽しみな左腕ということに変わりはありませんよね。

>めざせ那須野
(;´Д`)
2006/09/26(火) 01:13:25 | URL | くっきー #-[ 編集]
>MASAさん
初めまして。お越し頂きありがとうございます。

神奈川も激戦区ですよね。横浜、東海大相模、桐光学園、桐蔭学園、日大藤沢辺りしか分からないですが、それ以外の公立校や無名校が勝ち上がってくるのが堪らなく面白い。高校野球の醍醐味です。

関東大会は成田と千葉経大附が堅いでしょう。成田はエース唐川次第。強力打線というわけではないですね。
千葉経大附、銚子商は土曜日の準決勝で見てきます。

ブログの方もお伺いさせて頂きますね。
2006/09/28(木) 00:30:58 | URL | くっきー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
スキー・モーグル・野球・サッカー、他豊富な品揃えで皆様のご来店お待ちしております。
2006/09/26(火) 08:31:29 | やよいスポーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。