左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
太陽って西から昇るのか?
以前のエントリーで、俺のプロ野球に対する最も代表的な苦言を呈したわけですが…

ちょっとこの記事を読んで下さい↓


「野球選手の全力疾走。」(Number Web)



正直、この記事を読んである種のカルチャーショックを受けました。
「高校野球は技術レベルが低いのであまり見ない」という出だしはもちろんですが、とにかく全力疾走を賞賛する内容に一瞬理解を示せませんでした。「こんなことが記事になってしまうのか」という戸惑い。

こんなこと考えたこともなかったですよ。全力疾走しないことは愚の骨頂ですが、「全力疾走することが賞賛に値する」という事実。俺にしてみれば「太陽は東から昇って西に落ちる」のと同じように、考えたこともないような至極当然の真理なのに…


何年か前に日ハムの稲葉が、攻守交替の際に常に全力疾走をしていることが評価されて「スピードアップ賞」なるものを受賞していました。マスコミも結構大々的に報じた記憶があるんですが、今考えると全く以って意味不明な受賞理由であり、賞賛の旨を報じたニュースも理解し難いものです。

スピードアップのため?ファンに感動を与えるため?
果たして稲葉は本当にそんな理由で全力疾走していたのでしょうか?
俺は違うと思いますよ。もちろん本人にしか分からないことですが、野球選手としての本能であり、それこそ「太陽は東から昇って西に落ちる」ような行動・プレーなんじゃないでしょうか?


冒頭に挙げたエントリーでアマ野球では「当たり前のプレー」がプロでは「ファインプレー」や「やらなくていいプレー」になっている現実。何か根底がズレてません?と書きましたが、どうやらプロ野球が諸悪の根源になっていることは間違いなさそうです。いや、そんなことは分かり切っていたことなんですけど、こういう記事を読むと改めて痛感します。


全てが狂っています。
全力疾走が議論されたり、記事になったりするようなプロ野球界。そして全力疾走をしている高校野球(アマ野球)が賞賛される現実。
考えてみてください。甲子園の優勝投手がメジャーの試合を見て「1塁に全力疾走していた」ことに一番感動したという事実。「狂っている」という危機感と共に、言い表せないような悲しさと寂しさが込み上げてきます。



全力疾走でファンを感動させられるプロ野球。
プロ野球選手の全力疾走に感動するファン。


野球界とそれを取り巻く環境が狂っているのか、それとも俺が狂っているのか。
どちらにしろ、プロ野球への関心が薄れていく俺の思考回路は、ある意味必然だったわけです。

もちろん、俺自身はそんなことを望んでいるわけありません。
ですが「野球=半生」という俺には、この現状に理解を示すことなど到底できないのです…
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。