左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次の甲子園に向かって…!
千葉県秋季大会予選(千葉県高野連)


甲子園で熱線が繰り広げられていたその裏で、3年生の意志を受け継いだ新チームは動き始めています。千葉経大附の優勝で幕を閉じた千葉大会から1ヶ月、次の頂点を目指した戦いが始まります。

この秋季大会ですが、千葉県の場合は平成14年から8地区による予選トーナメント制(上記トーナメント表参照)を導入、各地区から6~7校の代表+夏の覇者である千葉経大附を加えた計50校で県大会を行います。そして県大会で決勝に進んだ2チームが関東大会へ進み、ここで上位に進むと春のセンバツ出場の切符を手にすることが出来ます。
俺が現役の時は地区トーナメントが1つで、ベスト4+敗者復活戦を勝ち抜いた2校が県大会に出場だったんですが、いつの間にか制度が変わっていましたね。ちなみに俺の代は敗者復活の決勝で負けてしまい、念願の県大会進出はなりませんでした…。

まぁ余談はいいとして、要はこの地区予選が春のセンバツへのスタートになるわけです。夏のように多くの観客やブラスバンドの応援等はありませんが、新たなスタート切ったチームがいきなり春のセンバツを懸けた戦いに挑むわけです。
単なる「新人戦」と侮るなかれ。これも紛れもなく「甲子園」を目指した戦いです。ぜひ足を運んで、センバツに向けたスタートを、更には来夏の展望を自分の目で確かめてみるのも面白いですよ。

まぁ新チームなんで情報がほとんどありませんが、市立船橋-習志野の勝者が千葉日大一という山や、専大松戸-市川、佐倉-印旛、東京学館-成東、銚子商-銚子西など、初戦から好カード目白押しです。


秋も高校野球三昧ですよ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。