左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「斎藤佑樹はクール」のウソ
アサヒ・コムスコア


15回表2死 打者:4番 本間篤史

173球目 147km/h ストレート(ボール)
174球目 143km/h ストレート(ボール)
175球目 147km/h ストレート(ボール)
176球目 146km/h ストレート(見逃し)
177球目 146km/h ストレート(見逃し)
178球目 133km/h フォーク(空振り)


それまでのペースをあえて崩し、最後の最後でこんな投球をする人間がクールであるはずがない。

ホームランの大会記録を塗り替えた今大会ですが、その話題に「待った」をかけるかのようなこの6球。明らかに表情とフォームが変わったその姿にあるのは、彼の「投手としての熱さ」。心底痺れました。



明日も最初から最後まで投げ抜くのであろう。
彼の「熱さ」を最後まで見届けようと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。