左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
決して遠くない3塁ベース
先月から高校野球一辺倒だったんですが、昨日久しぶりにプロ野球を見てきました。まぁ浦和なんですけどね。詳細はそろそろ「マリーンズが好きだ」とカミングアウトしようかさんへどうぞ。

竹原がホームラン打ったとか、根元と早坂の守備がよかったとか、その根元が3安打とか、福浦が代打で登場したとか、3塁走者の田中雅彦がスクイズ空振りにも拘わらずそのまま突っ込んで本塁生還とか、でもアホみたいに審判に切れたりとか、何故か垣内がいなかったとか、まぁ色々と語るべきことはあるんですが。


「軽視される2塁牽制」


まぁこれでいきましょう。どうぞ↓
初回に2ベースを放った先頭・田中雅彦。3球目くらいでしたか、あっさりと3盗を決めます。それも余裕のセーフ。3塁側席で観戦していて「あぁ、これスタート切れるな」と思った直後の盗塁だったので、、驚くというのは全くなかったんですけど。

サインが出ていたのかはわかりませんが、結果的に隙を突いた田中の走塁は見事だったと思います。ただ、それ以上に気になったのは楽天の先発・インチェと草野・枡田の二遊間。スタートの瞬間セーフとわかるような盗塁を許してはダメです。しかも素人の俺にも「これ走られるぞ」と思われているほどです。ちなみに初球からでも走れるような状況でした。それくらいランナーに対する意識が少なかったですね。野村監督がいたら確実に呼び出し食らって説教タイムです。


守備側から見た3盗については、このエントリーの真ん中くらいに書いているとおりです。キャッチャー云々ではありません。
何故かはわかりませんが、牽制においては1塁よりも2塁へのそれが軽視されているように思えます。単純に牽制球の数も圧倒的に少ないと思いますし、偽投やプレートを外して間を取るといった行為も少ない。

確かに2盗に比べて3盗の方が成功率は圧倒的に低いです。単純にキャッチャーからの送球距離が短いですから。ただ、本当にそれだけで済む問題なんでしょうか?

ランナーがより大きくリードを取れるのはどちらでしょうか?ピッチャーが「セットポジションから牽制球」の動作に時間が掛かるのはどちらでしょうか?野手との連携が必要なのはどちらでしょうか?

3盗が成功する要素はこれだけあります。逆に言うと、守備側から見ればこれだけ「走られる要素」があるということです。ましてインチェは左ピッチャー。背後のランナーがブラインドとなる要素も加わります。要は、少しでも気を抜けば3塁を盗まれる危険性が非常に高いというわけです。
去年盗塁王を獲得した西岡が3盗も多かったことは、彼の足の速さだけではありません。この守備側の「隙」を見抜く能力が高かったということだと俺は思ってます。

何も牽制球を投げる必要はありません。前述した偽投や二遊間の「ベースに入ろうとする動き」だけでも十分な牽制なります。俺に言わせれば、ランナー2塁の場面は二遊間の華とさえ思っています。テレビではなかなか見ることは出来ませんが、セカンドとショートの牽制の動きというのは非常に重要であり、それだけ魅力的なプレーということです。二遊間の牽制の入り方や牽制球を投げるタイミング(セットポジションから何秒待って投げる等)はチームによって様々であり、ランナー2塁に於ける大きな醍醐味と言えるでしょう。特に高校野球では本当に様々な2塁牽制が多いので、見ていて非常に面白いですね。

機会があったら、ランナー2塁時の西岡の守備を見てみてください。彼は1球毎に相当動いています。それだけでランナーには少なからず牽制の効果があり、「牽制球が来るのかな」「スタート切りづらいな」と思わせることができるのです。もしかしたら西岡の3盗はショートの彼ならでは、なのかもしれませんね。


話を戻して、昨日の浦和。
先頭バッターが2ベース、打席には2番の根元。最も警戒しなくてはならない初回のこの場面で簡単に走られるということはあるまじき行為です。インチェと楽天二遊間にはしっかりと反省をして頂きたいですね。また、プロ野球でももっと3盗に対する意識を持ってほしいと思うのです。守備側も攻撃側も。

同時に、野球をしっかり見られているコアなファンの方々も、こういう目立たないところにも注目してみるともっと面白く野球を見れると思いますよ。


おまけ↓
20060812155109.jpg
浦和のブルペンで打席に立つ福浦。この後代打で試合に出場。
コメント
この記事へのコメント
ついでに言えば
お久しぶりです。
なるほど、そういう目で見れば納得です。
しかし、去年あたりから3盗が目に付くよう
になりましたね。
僕は、幸一がソロソロと近寄り「ポン!ポン!」とグラブを叩く仕草が好きです。
幸一信者より(笑)
2006/08/12(土) 21:50:09 | URL | たい #-[ 編集]
>たいさん
いつもどうもです。
3盗って確かに難しいんですけど、言うほど難しくもなかったりします。要は守備次第で簡単になったり難しくなったりするわけで、それは2盗と同じです。

あ、幸一といえばセカンドですが、セカンドが入る牽制ってショートに比べて意外に決まりやすいんですよ。ショートだと背後で入る音がわかりますからね。
2006/08/13(日) 03:23:35 | URL | くっきー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。