左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
千葉大会を振り返って
1点差38、サヨナラ8、延長13 好試合感動呼ぶ(アサヒ・コム)

盛り上がったわけです。何せ3試合に1試合は1点差・延長・サヨナラなわけですから。何て言うんでしょうか、高校野球の魅力たっぷりな大会でしたね。
去年よりもホームランが10本少なかったといういのは意外です。俺が生観戦した試合で印象に残るホームランが多かったので、自分の中で錯覚していたのかもしれませんが…

「投高打低の傾向」とありますが、高校野球は何時の世も投高打低だと思います。やはり素質や才能、体格というのは投手の方が顕著に表れますからね。そういった意味で、猛打を振るった千葉経大附は見事という他ないでしょう。

残念ながらエラー絡みによる決勝点というのが目立ちましたが、これも高校野球。決して守備をおろそかにしたわけではなく、日頃から厳しいノックに耐え抜いてきたはずです。それでも極限の緊張感の中ではエラーが出てしまうもの。どんなに上手な選手でも、その場では技術を凌駕する精神力が明暗を分けるんでしょう。

一生忘れることの出来ないエラーを目の当たりにするのは俺も締め付けられる思いです。ただ、いつか笑って話せる思い出になるはずです。責める人間は誰もいません。


それにしても、バッティンググローブと自打球・死球避けレガース装着が当たり前になってますね。俺の時は鼻の頭に貼るテープ(鼻孔を広げる役割?全日・小島聡が張ってるヤツ)すら禁止されていました。バッティンググローブやレガースの使用など見たこともなかったんですが…時代は変わったものです。


さて、来年の夏を楽しみにするまえに甲子園大会があります。個人的には甲子園大会はあまり面白味を感じないのですが、ぜひ千葉経大附には頑張って欲しいものです。日程によっては弾丸ツアーも考えていますよ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。