左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どんな強豪校にも訪れる「初戦」
今日は1日中千葉テレビで高校野球千葉大会を観戦。ちなみにコレを書いている今は同じく千葉テレビでロッテ対西武を観戦中。


今日の県野球場(天台)は注目の投手が2人登場しました。習志野・佐々木、横芝敬愛・鶴岡の両投手。
この2校に注目したのは、この初戦が大きなカギになるだろうという背景から。習志野は昨夏Aシードながら初戦負け、横芝敬愛は今年の春季大会で3試合連続完封勝ち。
昨夏、初戦負けを目の当たりにした習志野・佐々木と春に好投した横芝敬愛・鶴岡。既にシード校や有力校が姿を消す中、この2投手がどのようなピッチングを見せてくれるのか。
まずは習志野対市立柏。

1回戦で渋谷幕張を5回コールドで圧勝し、非常に堅実な野球の市立柏が相手とあって、締まったゲームとなりました。
昨夏の意識が強かったのか、序盤はストレートが浮いていましたが、ここで助けたのがスライダー。これがまた横浜高時代の松坂を思い出させるような切れ味でして、外角のクソボールなのに市立柏打線がバットを出してしまう有り様。見ている人は「何であんなボール振るんだ?」と思うことが多いと思いますが、テレビや客席から見る球筋と打席から見る球筋はまるで別物です。「何で振るんだ?」と思う方は、打席に立ったら確実に振ってしまうでしょう。

序盤はストレートが少し浮いていたものの、中盤以降は完璧。何よりコントロールが素晴らしい。とにかく低めに来るし、切れ味鋭いスライダーは外角低目を徹底しているようです。要所で投げるフォーク(恐らく)も威力十分。終盤に来ても球威が落ちないなど、安定度も抜群。市立柏もいい打線でしたが、見事に完封勝利。昨夏の記憶はこれで払拭できたでしょう。


続く横芝敬愛・鶴岡は春季大会で3試合連続完封劇。春にいい成績を残しても、3ヶ月後の夏にいい成績を残せるとは限りません。そういった意味で注目してみました。今大会屈指の注目度でしょう。
がっしりした体格から投げ下ろすストレート、佐々木とは違って「落ちるスライダー」が特徴的。

こちらは春の好投によるプレッシャーがアリアリだったようです。全てのボールが高い。いきなり3塁打を浴びるなど、左を揃えた船橋北打線に苦しみます。正直「これが注目度抜群の鶴岡なのか?」と疑うほどでしたが、どうやら体調が悪かったようです。6回になると右足を負傷したようで、右足を引きずるほど。ただ、渡辺監督は交代させる気がまったくないようで、痛む右足をかばいながら続投。2者連続でカウント2-3まで行きながらスライダーで打ち取る孤高の投球に「エースの責任」を感じましたね。

結局苦しみながらも、こちらも船橋北を完封。ただ、鶴岡の方は次の登板次第でしょう。まだ完全な姿ではないようです。今日も船橋北の走塁ミスに相当助けられていますし。1死1,3塁の偽投の牽制で2度も1塁ランナーが飛び出して刺されているわけで、船橋北の自滅に助けられた完封といっていいかと。17日の幕張総合もいいチームですが、登板するかは微妙でしょう。
ちなみに横芝敬愛の1番バッター・千葉が凄いです。スイングスピードが速い速い。170cmに満たない身長ながら、体重82kgという体格。それでいてバットスイングも柔らかい。6回にはライトスタンド上段に放り込むなど、「脅威の1番」として注目してみたいですね。


両チームとも完投完封発進ということで、コールド発進するよりも落ち着いて次の試合に挑めるのではないでしょうか。
しかし公立校のレベルが上がっていますね。特に好投手が目立ちます。
それにしてもスライダー投手が増えましたねー。もはや高校野球もストレートとカーブだけでは通用しないんでしょうか…
コメント
この記事へのコメント
高校生の夏、終わってしまった夏。
うちのせがれの学校も2回戦で負けました。
てっきり3年生が泣くのかと思いきや、2年生が大泣きしていたそうです。
聞いてみると自分たちのミスが大量失点に繋がった事を悔いていたそうです。
その気持ちがあればこれからも頑張れるかな?
私も一生懸命、悔し泣きが出来るくらい頑張りたいなぁ・・・と思った1日でした。
2006/07/15(土) 23:15:31 | URL | たい #-[ 編集]
>たいさん
わかります。俺も1年生からレギュラーだったんですが、先輩に合わせる顔がないんですよね。
でも先輩は「お前たちのせいで…」なんて思っていません。その悔し涙をバネに、来年這い上がってくることを願っているはずです。
息子さん、いいチームに入りましたね。

>私も一生懸命、悔し泣きが出来るくらい頑張りたいなぁ・・・と思った1日でした。

俺も毎年この時期になるとそう思います。大人になるとそういう経験や状況がなかなかないんですよね。だからこそ大事な高校3年間なんだと思います。
2006/07/16(日) 14:48:17 | URL | くっきー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
今日は9時から母校の大会緒戦でした。県野球場だったのでチバテレの中継があったのを良い事に、観戦をサボってしまいましたが、この暑さではおじさんはスタンドで死んでしまったかも知れません。行かなくて正解でした。試合は2回戦とは言え甲子園経験校同士、市立柏の中村
2006/07/15(土) 23:13:59 | From Makuhari~幕張の風
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。